ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アラフォー NGメイク チーク 眉メイク

そのメイク「イタ見え」してます!大人可愛いつもりが残念見え…アラフォー女子のNGメイク4選

美容ライターの遠藤幸子です。メイクは大きく甘口と辛口に分けられますが、年齢を重ねると甘口のメイクが難しくなります。今回は、アラフォー女子がやりがちな大人可愛いを狙ったつもりが実はイタく見えているNGメイクをご紹介します。

目次

【NGメイク①】チークを丸く濃く入れる

大人可愛く見せたいと思うと、ついつい気合いが入ってしまうのがチーク。ハッピーオーラ漂うキュートな印象に仕上げようと、チークは丸く濃く入れがちです。

しかし、頬の位置が20代より下がる40代女子がこれまでと同じ笑った時の頬の高い位置に丸く濃くチークを入れると、下がってしまった頬の位置を強調してしまうことになります。

その結果老けを強調しつつ若見えを狙っているかのようなチグハグな印象を与えてしまいます。

40代女子は、笑った時の頬の高い位置ではなく、それより気持ち高めの位置にチークを入れましょう。また、丸く入れるのではなく、斜め上に引き上げるように楕円に入れ、自然な血色感を出す程度の濃さに留めることも大事なポイントです。

【NGメイク②】ピンクといえば青みピンク一択

大人可愛くなれる色といえば「ピンク」ですが、青みピンクは肌のトーンによってはなじみにくく、古臭い印象を与えることもよくあります。

そのため40代女性がピンクを纏うなら肌なじみを重視し、黄みよりのものを選ぶことがポイントになります。

また、白っぽいピンクを頬や唇に纏うと顔色が悪く見えてしまう可能性が高いので、赤みがあるものを選ぶことも大切です。

【NGメイク③】ギラギラ、テカテカし過ぎのアイメイク

パールやラメを含んだアイシャドウを纏うと、目元がキラキラと輝いて見えるので、大人可愛く見せたい時に欠かせないという人は多いのではないでしょうか。

しかし、つけ過ぎたり、広範囲に纏い過ぎたり、商品の選び方を誤ると、ギラギラしたり、テカテカしたりして安っぽいメイクに仕上がることがあるので注意しましょう。

40代はあくまでさりげなく上品なものを纏う必要があります。ラメは多用せず、まぶたの中央にポイント的に取り入れましょう。

パールは粒子の細かいものを選び、肌なじみの良さを重視することが大切です。

【NGメイク④】太過ぎ下がり過ぎな眉

眉も顔の印象を左右する重要なパーツで、辛口を狙うなら細め、甘口に仕上げるなら太めがおすすめです。

また、平行でキリッとした印象の眉よりも、眉に緩やかなカーブがあり眉尻が少し下がっていた方が柔和な印象を与え、大人可愛い雰囲気に仕上がります。

とはいえ、やり過ぎはNG。あくまでも自然な太さ、カーブを心がける必要があります。眉は上から描くとどんどん上に上がってしまうので下から少しずつ描き足し、眉尻を下に描き過ぎてしまう癖がある場合はあらかじめ理想的な眉尻の位置に印をつけておきましょう。

いかがでしたでしょうか。今回は、アラフォー女子がやりがちな大人可愛いを狙ったつもりが実はイタく見えているNGメイクをご紹介しました。

思い当たるメイクがあればこの機会にぜひ見直して、等身大の自分に合ったメイクを楽しんでください。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

遠藤幸子

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録