アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お気に入りの布、捨てないで!はぎれで楽しむハンドメイド♪

何かを作れるほどの大きさもないけど、お気に入りだったり、思い入れがあって捨てるには忍びないなぁと思う余り布、ありませんか?今回はそんなお気に入りの布、ほんの少しの切れ端でも作れちゃう可愛いブローチを紹介したいと思います!

  • 1945 views

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

ちょうちょうのブローチ

材料

●羽用布 直径3.4cmの円×2枚
●縫い糸
●縫い針
●触角用ペップ 1本(または刺繍糸等少々)
●フェルト 羽用布と同じぐらい
●接着芯(片面アイロン用) 直径2cm(またはキルト芯)
●ブローチピン
●筆記用具
●フェルトの型取り用の紙
●直径2cmの円の厚紙
●はさみ
●あれば羽に付けるビーズや刺繍糸など

作り方

① ちょうちょうの羽に飾りを付ける場合は、円形に切った布の表面の真ん中(裏面に直径2cmの円を書いておくと分かりやすいです)に、ビーズ等を付けたり刺繍等をしておく。縫い代は7mmです。

② 布の裏面の真ん中に直径2cmの接着芯を置き、アイロンで貼る。表に縫い付けているものが溶けないように注意!

③ 布の端から3~4mm入ったところをぐし縫いして、接着芯の上に接着芯と同じ大きさの厚紙(2cm)をのせて、糸をぎゅっと絞る。(厚紙を入れると絞りやすい。)絞った糸が開いてしまわないように、そうっと厚紙を取り出し、もう一度よく絞って、玉止めをし、糸を切る。絞って布が凸凹しているのでアイロンで押さえておく。羽1枚出来上がり。

④ ③と同じ様に羽をもう1枚作る。
⑤ ③と④の羽を縫い合わせる。

⑥ 縫い合わせた羽を紙の上に置き、輪郭をなぞって描く。なぞって描いた線より2mmほど内側(小さく)を切る。その型紙でフェルトを切っておく。

⑦ 縫い合わせたところにペップを半分に折って置き、くるむようにかがる。ペップが抜けないように、最後に端っこのループ状になったところに針を入れてかがる。

⑧ ⑥のフェルトと⑦のちょうちょうを重ね、まつり縫いをする。
⑨ ブローチピンを縫い付けて出来上がり!

触角を、ペップの代わりに糸で作る方法

ここでは刺繍糸(6本取り)を使用。
① 刺繍糸6~7cmを、おおよそ5cmの長さになるように両端を結ぶ。結んだあと、結び目から出ている余分な糸はカットしておく。
② 半分に折り、羽を縫い合わせたところに置き3本取りの刺繍糸でかがる。
③ 触角用の糸が長くて余る場合は、最後のループ状になったところに針を通し、糸を裏側にまわして留める。
④ あとは上の作り方と同じです。

羽の柄の組み合わせを考えたり、ビーズや刺繍糸を使ってデコレートする時間は楽しいひとときです♪

次回はこの、ちょうちょうのブローチで使った羽を、お花のブローチにアレンジします!


【あなたにおすすめの記事】
■春色のかわいい&便利な三角ストールを簡単ハンドメイド
■ハンドメイド初心者でも上手に作れる!かわいいコサージュ♡
■100均のクリップボードをリメイク♡ハンドメイド収納
■ハンドメイド初心者でも上手に作れる!ピンクッション
■キッチンを飾る手縫いのポットホルダー


執筆者:Sii

更新日:2018年3月13日


40

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録