アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクメイク アイメイク 眉メイク 垢抜けメイク

ここさえクリアすれば垢抜けフェイスに♡最新のベストマスク眉&アイメイクはコレ!

/

季節は変わりましたがマスク生活は続きますね。マスクをしているけれど、季節やファッションに合わせてメイクを楽しみたい。今やメイクのトレンドはマスクありき、マスクから出ている目元勝負です。今回はここさえおさえておけば間違いない、ベストマスク眉&アイメイクをご紹介します。

目次

【ポイント1】ブラウンのアイシャドウは避ける

超定番のブラウンアイシャドウですが、マスクをするときはNG。顔全体が暗くくすんだ印象になってしまいます。

マスクメイクでのアイシャドウ選びはピンクやオレンジ、ラベンダーやコーラルなど明るめのアイシャドウがおすすめ。

目元を明るくすることで、顔全体が健康的で華やかな印象になります。

【ポイント2】目尻の羽シャドウ

少しでもデカ目に見せるために、下まぶた目尻のアイシャドウを工夫しましょう。

下まぶたにただ単純にアイシャドウを塗っただけでは、キツい目元になってしまいます。

下目尻の粘膜部分を少し空け、羽のような形をイメージしたアイシャドウの入れ方をすると、目の幅が横にも縦にも広がって見えます。

濃く塗りすぎると不自然になってしまうので、薄付きのアイシャドウを少しずつ重ねていくのがコツです。

【ポイント3】マスカラは「ブラウン」

マスクをしたとき、ブラックのマスカラを使うとちょっぴり強そうな印象になってしまいます。

マスカラはブラウンなどの柔らかい色を使うのがポイント。赤みの強いブラウンカラーは肌なじみが良いので、初心者の方にもおすすめです。

【ポイント4】目頭のインナーラインはマスト

【ポイント2】で目尻の羽シャドウと併用すると目の大きさが1.5倍に見えるポイントです。

また、ここにインナーラインを引くと、デカ目効果だけでなく、目と目の間隔が狭く見えるので離れ目さんにもおすすめです。

【ポイント5】眉はふんわり濃い眉

ここ最近はナチュラルな眉メイクが主流ですが、マスクメイクではその逆。いつもより少しだけ濃く仕上げることで、顔全体が締まって見えます。

ペンシルを使って濃くすると眉だけ浮いてしまうので、パウダーとブラシでふんわりと濃い眉にしていくのがポイントです。

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録