アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
マスクメイク アイメイク 眉メイク

時短でも可愛いは作れる♡手抜きに見えない「マスクしてても取ってもかわいい」メイクのコツ

/

マスクが欠かせない生活でお顔の見える範囲は限られますが、見える範囲は可愛く見せたい!でもマスクをしていない時よりも時短で済ませたいという方に、オススメのメイクのコツをご紹介します。

目次

①マスクをしていても肌作りはきちんとする

マスクで見えないからすっぴんで…と肌作りをしないと、マスクが触れる箇所は特に肌への摩擦の負担がかかるので肌荒れしやすくなります。

しっかり保湿して、マスクをしていても崩れにくいベース作りをしましょう。

ファンデーションの後にパウダーを仕込むのもポイントです。

特にこれからの季節は紫外線が強くなるのでマスク焼けしないようUV効果のあるパウダーだとなお良しです。

おすすめは江原道のUVプレストパウダー。SPF50+/PA++++でUVカット効果が高い上、ノンケミカル処方でマスクで荒れがちな肌にも優しく使いやすいです。

②眉毛の色味の強さに注意する

マスクで顔の見える面積が狭くなる分、眉毛の色味がいつもと同じ濃さだと堅い印象に見えがち。眉毛の色味はいつもより淡めに描くことで、柔らかい印象になり、上品可愛く見えます。

柔らかく描くのにオススメなのは、アイブロウパウダーで眉毛をふんわり描くことです。

ペンシルだけで仕上げるよりも眉の毛もふんわり見えるのと、アイブロウパウダーを眉頭から鼻筋に向けてぼかしてノーズシャドウとして入れると、時短&立体感も出て一石二鳥です。

③アイシャドウ2色だけでカンタンに立体的なアイメイク完成

グラデーションを作るのはめんどくさいけれど、目を立体的に可愛く見せたい時にオススメなのが、アイシャドウ2色を使ったアイメイク法です。

1色はパールなしのマットな質感のアイシャドウ、もう1色はパールやラメの入ったキラキラの質感のアイシャドウを使うのがオススメ!

キラキラ質感のアイシャドウだけだと、肌色が透けて時間が経つとまぶたが残念なことになりがちです。

先にマットな質感のアイシャドウをベースに仕込んでおくと、キラキラ質感のアイシャドウもきらめきも夕方まで美しくキープできます。

④カールキープ効果のある色付きマスカラ下地を使ってまつ毛メイク

マスクをしているとマスクから漏れる湿気でまつ毛のカールが落ちやすくなります。

そんな時に活躍するのがカールキープ効果の高いマスカラ下地です。最近では黒やブラウンの色付きのマスカラ下地があるので、時間がない時はマスカラ下地だけでまつ毛を仕上げてしまうこともできます。

カールがつきやすい方ならビューラーなしで、マスカラ下地をまつ毛を持ち上げるようにつければカールがつくことも。

まつ毛にカールをつけるだけで、目元に光が入り生き生きとした表情に見えます。

おすすめはキャンメイクのクイックラッシュカーラー。ブラックやブラウンの色付きタイプなら、マスカラとカールキープが一度に叶います!

いかがでしたか?マスク生活でもお手軽に、そして崩れにくく夕方までメイクをキープできるメイク法。ぜひ試してみてくださいね!

他にもメイクのテクニックをmichillビューティーのInstagramアカウントでたくさん紹介しています!気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♡

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Yoshiko Sono

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録