ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

おうちカフェにおすすめ!サクふわもっちり♡苺とカスタードのミニパブロバ

ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。まわりはサクッ、中はふんわり、もっちりなメレンゲのお菓子、パブロバを食べやすいミニサイズのレシピでご紹介します。余った卵白の消費はもちろん、トッピングのカスタードに卵黄も使うので全卵があればOK!おうちカフェにおすすめの、キュートなスイーツです。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約60分

苺とカスタードのミニパブロバのレシピ

このレシピでは、卵3個を卵白と卵黄に分けて使います。

卵白で作るバプロバは、生クリームをトッピングに使うことが多いですが、卵黄が余ってしまうので、電子レンジを使ってカスタードクリームを作ります。

材料(直径約10cm5個分)

メレンゲ
・卵白…3個分(卵はLサイズを使用しています。)
・上白糖…110g
・塩…ごく少量(ひとつまみの半分くらい。)
・アップルビネガー…小さじ1と1/2(穀物酢でも可。)
・コーンスターチ…大さじ1

カスタードクリーム
・卵黄…3個分
・上白糖…大さじ1と1/2
・コーンスターチ…大さじ1
・牛乳…200ml
・バニラエッセンス…数滴
・コアントローまたはラム…小さじ1~2(あれば、またはお好みで)

トッピング
・苺…5個
・ブルーベリー…適量(あれば)
・ミントの葉…適量(あれば)
・粉糖…適量(あれば)

作り方

まず、メレンゲの部分を作っていきます。

① ボウルに卵白と塩を入れたら、ハンドミキサー(高速)で倍くらいの量になるまで泡立てる。

② 上白糖を4~5回に分けて入れ、その都度よく泡立てる。

③ キメが細かくツヤが出るまで、よく泡立てる。(つやつやした生クリームのような見た目になります。)

④ コーンスターチを茶こしなどを使って振り入れ、続けてアップルビネガーも入れる。

⑤ 泡が安定し、やや重たくなってきたら、ハンドミキサーを止める。(角がしっかりと立つ状態にします。)

ポイント
卵白は、できるだけ冷やしておくと、きめ細やかなメレンゲに仕上がります。作業中に温度を上げないよう手早く進めるためにも、加える材料はあらかじめ計量し、手の届くところに置いておくと良いと思います。
少量の塩は、泡立てやすくするために、コーンスターチとアップルビネガーは、気泡を安定させるために使用します。

⑥ オーブンを130℃に余熱しておく。

⑦ 天板に、オーブンシートを敷き、大きめのスプーンなどを使って⑤を5等分にして、直径8~10cm高さ4~5cmほどの形にする。真ん中を少しくぼませておく。

⑧ オーブンに入れ、30分焼いたら、温度を110℃に落とし、更に30分焼く。

※ガスオーブンの下段を使いました。お使いのオーブンによって時間と温度を調節してください。

⑨ 焼きあがったら、オーブンのドアを開けずに、そのまま冷めるまで置く。

カスタードクリームを作ります。メレンゲを焼いている間に、作っておきましょう。

① 耐熱容器に、卵黄、上白糖、コーンスターチを入れて、泡だて器で混ぜ合わせる。

② 牛乳を入れて混ぜたら、電子レンジ600wで1分20~30秒温める。

③ 一旦取り出し、泡だて器でよく混ぜたら、再び電子レンジに入れ20~30秒温める。

④ 滑らかになるまで混ぜたら、お好みでバニラエッセンス、コアントローやラムを入れて、冷ましておく。

ポイント
柔らかめで、ソースのような仕上がりになります。冷めるととろみが増しますが、足りない時は10秒ずつ加熱しながら様子を見て、調節してください。
メレンゲが甘いので、カスタードの甘さは極力控えてあります。お好みで砂糖の量を加減してください。

仕上げのトッピングをします。

① 焼けたメレンゲのくぼみに、カスタードを入れる。または上からかける。

② 苺は縦半分に切って上に乗せ、ブルーベリーとミントの葉を添える。粉糖を振りかけたら出来上がり。

カリカリのメレンゲと一味違い、外はサクっとしていて、中はもっちりと柔らかく、溶けるような食感が楽しめます。

ぜひ、お家で「苺とカスタードのミニパブロバ」を作ってみてくださいね!

「#スイーツレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

茂木奈央美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録