ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉メイク 眉の描き方 眉の整え方 平行眉 アーチ眉

美人見え確実♡絶対マスターしたい「平行眉」&さらに垢抜ける「応用眉」の作り方

  • 19628 views

元美容部員コスメコンシェルジュ Ikueです。メイクの中でも眉メイクは、眉だけでも印象が変わるくらいすごく重要な部分になります。今回は美人見え確実!どんなメイクにも合うベーシック眉の作り方と応用眉についてご紹介します。

目次

1.長さ・太さ・黄金比を確認しよう!

自分の顔と眉を見て、どの位置に眉頭がきて、眉尻はどこまでか・眉頭はどこにしたらいいのか…と、判断することができますか?

眉を描くときに大事になるのは「眉の黄金比」です。自分の顔パーツから眉がどこにあれば良いか見極めることができますよ。

・眉頭は目頭の真上・やや内側

・眉山は眉頭から全体の3分の2の位置

・眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上

・眉の太さは目の縦幅3分の2程度、細眉が好みでしたら3分の1がおすすめ

さらに表情筋によって眉の動き方も変わってきます。眉丘筋のところに眉山がくるのが望ましいので、一緒に筋肉の動きも確認してみましょう!

眉丘筋の位置に眉山があると笑ったりびっくりしたりと、表情を変えた時でも自然な動きになり違和感がない眉になります。

黄金比プラス自分の筋肉の動きも確認して描いてみましょう。

2.どんなメイクでも似合うベーシック眉

眉の形も様々です。平行眉・アーチ眉・クールな印象の角度のある眉。そして太め細めなど太さでも違いがあります。

それぞれの眉で顔の印象も変わるので、自分のなりたい印象に近づけるのがベストですが、今回はどんなメイクにも似合うナチュラルなふんわり平行眉をご紹介します。

ナチュラルな平行眉はどんなメイクにも似合う万能眉!作り込んだ眉と違い、自分の表情にも馴染みやすいので幅広いメイクと相性が良いですよ。

3.ちょっと描き変えて印象チェンジ

ナチュラルな平行眉の描き方をマスターしたら、ちょっと描き足したり消したりして応用眉を作ってみましょう。

まずは角度のあるクール眉へチェンジ。

平行眉に眉山を描き足し、眉下を消します。眉頭も下を描き足し上の部分を消し角度のある眉にしましょう。かっこいいイメージ・クール・できる女性の印象になります。

次は柔らかな印象のアーチ眉へチェンジ。

同じように平行眉の眉山を丸くアーチ型に描き足し、眉下を消します。さらに眉山の下をちょっと描き足し、クール眉ほど角度は付けず、丸みを出します。そうすると優しく柔らかな印象になります。

失敗したり眉の形を変えるときは、スクリューブラシでサッとぼかせば簡単に消すことができますよ!

スクリューブラシがない方は綿棒でもOKです。

美人眉のポイントわかりましたか?難しい眉メイクですが、焦らずゆっくり眉メイクしていけば大丈夫です!

明日からのメイクに眉メイクテクニックを取り入れてみてはいかがでしょうか?

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

Ikue

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録