ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
NGメイク アイメイク 眉メイク

美容ライターがやらないのには理由がある!ダサ見えしちゃうNGメイク3選

  • 13353 views

みなさんこんにちは、huis(ゆい)です。みなさんは、なんだかメイクがパッとしない、不自然、上手くいかない…そんなことありませんか?それはメイクのポイントが掴めていないからかも。今回は美容ライターがやらない、NGメイクとOKメイクを比較しながら、上手くいくメイクのポイントをお伝えします。

目次

アイライナーは色選びと引き方が決め手

アイライナーは愛されブラウンが今っぽいです。柔らかく、ナチュラルな印象に仕上がりますよ。

一方、NGメイクはブラックのアイライナーの囲みメイク。

目を大きく見せたいからと、全体にしっかりとラインを入れてしまうと抜け感のないお古メイクに…。

また、ブラックはキツい印象を与えるだけでなく、引き締め効果があるので、囲んでしまうことで、より目が縮こまって見えてしまいます。

モードに仕上げたい方はブラックを使用するのもとても素敵ですが、ナチュラルに目を大きく見せたいなら、目尻にのみブラウンアイライナーを使用するのがおすすめです。

涙袋の影は描くだけではダメ!しっかりぼかしてナチュラル涙袋に♡

涙袋があると目が大きく見えますよね。

面長さんは特に、涙袋を作ってあげるとお顔のバランスが整うのでおすすめです。

でもこの涙袋メイク。意外と自然に描くのが難しいんですよね。

よくやってしまいがちなのは、目頭からからしっかりと涙袋の影を線で描くこと。描いてます感が出過ぎてしまい、不自然な印象に…。

またその線をぼかさないのもNGメイクです。

自然な涙袋を目指すなら、涙袋の影は目頭から描かずに中央のみ描き、下まぶたに乗せたカラーでその影をぼかしてあげましょう。

そうすると、とってもナチュラルに仕上がりますよ♡

眉毛はぼかして抜け感&濃すぎるシェーディングはNG

眉毛の形をしっかりと描く方、意外と多いんです。

特に、アイブロウペンシルで最初に枠を取ってから、中をパウダーで埋める方は要注意!スクリューブラシで最後にしっかりとボカして仕上げないと、枠だけが目立ち不自然な印象になってしまいます。

眉毛の仕上げには必ず、全体をスクリューブラシでボカし、毛流れを整えてあげるのがおすすめです♡

また、眉頭から鼻筋に向かって濃いシェーディングを入れてしまう方、それもNGです。

暗めのシェーディングをしっかりと入れることで彫りが深く見えますが、日常メイクにはやりすぎ感が出てしまうので注意が必要です。

シェーディングを入れる際に注意をしたいのはまず、色選び。

暗すぎないカラーを選び、目頭より内側の鼻筋に薄く入れてあげるのが正解です。眉頭から入れるよりもナチュラルで自然に鼻筋が通って見えますよ。

いかがでしたか?メイクにお悩みの皆さん、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

【あなたにおすすめの記事】
■垢抜けたい人すぐやって♡こなれ顔を作るパーツ別メイクテク3選
■1.5倍目が大きく見える♡本当は内緒にしたいほど効果絶大な「デカ目メイクテク」3選
■残念眉を今っぽ眉に♡プロが教える!驚くほど垢抜ける簡単テク3選


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

huis

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録