アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

春を祝うデザートに♡桜づくしのクリームあんみつ

春と言えば、桜のスイーツが食べたくなるという方も多いのではないでしょうか。市販ではなかなか見かけない、桜づくしのあんみつの作り方をご紹介します。おもてなしや、お祝いの食卓のデザートにもぴったりです。

  • 1757 views

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 20分(冷ましたり、冷やす時間は除く)

春にオススメ♪桜づくしのクリームあんみつ

春になると食べたくなる、桜味のスイーツ。
カフェやパティスリーでも、この時期はピンク色の華やかな桜のスイーツをたくさん見かけますよね。

今回はそんな今の時期にぴったりの、桜づくしのクリームあんみつを作ってみませんか。
アイスクリームも白玉も添えた欲張りなあんみつは、手作りならではの贅沢な味わいです。

材料

3~4人分

☆寒天
 水 220g
 粉寒天 2g
 桜リキュール 30g

☆白玉団子
 白玉粉 50g
 水 50g

☆桜風味のシロップ
 上白糖 50g
 桜リキュール 10g
 水 50g

☆飾り
 桜あん 100g
 アイスクリーム 3~4スクープ
 桜の塩漬け 適量

作り方

①桜の塩漬けは、分量外の水に数時間浸けて塩抜きする。

②シロップ用の材料を火にかけて、軽く沸騰させ、上白糖をしっかり煮溶かす。
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

★ミルクピッチャーに入れて冷やしておくと、食べる時に好みの量をかけやすくなります。

③水と寒天を火にかけ、1分ほど縁がふつふつとする程度の火加減を保って寒天を煮溶かしたら、桜リキュールを加え、再度沸騰させる。
流し缶やタッパーなどの深めの容器に入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。


④白玉粉と水を合わせて練り、耳たぶくらいの固さになれば一口大に丸めて沸騰したお湯の中に入れ、浮き上がってきたら更に2分ほどゆでて氷水に取って冷やす(水の量は目安なので白玉粉が耳たぶくらいの固さになるように調整)。

⑤寒天を賽の目に切り分け、白玉団子・桜あん・アイスクリームと共に盛り付け、②のシロップをかけて食べる。

手作りならではの味わい

これだけ桜味のスイーツを見かけても、またあんみつ自体には馴染みがあっても、“桜味のあんみつ”となるとなかなか見かけませんよね。

心がウキウキするような気持ちの良い季節、目にするだけでもなんとなく気持ちが弾む明るいピンク色のあんみつは、お祝いの食卓のデザートやおもてなしスイーツにもぴったりですよ。


【あなたにおすすめの記事】
■テクニック不要!混ぜるだけ!キュートな桜シューアイス♡
■テーブルの上の桜、満開 春の桜のカクテルたち
■見た目も可愛い春色スイーツ♡桜と抹茶ミルクのゼリー
■お家で簡単に作れる!もちもちフルーティーないちご白玉
■桜の開花を待ちながら!レンジで作る簡単さくら餅


執筆者:an



14

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録