アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

テーブルの上の桜、満開 春の桜のカクテルたち

桜シーズン到来!楽しいお花見の季節です!桜の木の下でお弁当、そしてお酒(笑)は、日本酒、ビールかワインか…想像しただけで嬉しくなってしまいます。そうなると家でも花見気分を満喫したい…と言う事で、グラスの中のお花見を!桜の塩漬けを使った春らしいカクテルたちをご紹介。お花見に連れて行っても最高です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

桜は喜びをともなって

私が、結婚式の披露宴の打ち合わせのために、会場となる料亭を訪れた時のこと。料亭の方から「この度は、おめでとうございます」と出された、桜茶。控えた結婚のこともあったかもですが(笑)、桜茶を目にし、口にし「嬉しいな。幸せだな。」と感じたのを覚えています。

どんな形であれ、桜を見たり、思いを馳せる時、私は喜びや幸せのイメージが重なります。これって日本人だからなのでしょうか?他の国の人はどうなんでしょう。

桜の塩漬けは、塩味を生かして

きれいなピンク。桜の塩漬けは、使う前にすすぎますが、やはり塩分は残ります。それが桜の塩漬けの味わいであり、使う際のポイントになってきます。

今回はそんな“塩味”を生かしたカクテルをご紹介します!

さくらんぼのお酒・キルシュに、にごり酒を

キルシュは、さくらんぼを発酵させ作られた蒸留酒。香りもさくらんぼの香りが優しく漂います。桜とさくらんぼは、どちらもバラ科サクラ属。桜の香りにさくらんぼの香り、同類だけによく合います。

今回、ご紹介するのは、このキルシュに、にごり酒をあわせたカクテル。おぼろげな春の景色を思わせ、度数も低めなにごり酒は、女性にもぴったり。明るい春の光に似合う、爽やかなカクテルです。

桜の春霞ソーダ

材料

桜の塩漬け 1房
キルシュ酒 3ml
にごり酒 30ml
炭酸水 適量
氷 適量

作り方

① 桜の塩漬けは、さっと塩をすすぎます。

② 氷をたっぷり入れたグラスに、①、キルシュ酒、にごり酒を入れます。

③ 炭酸水をそっと注ぎ、軽くかき混ぜてできあがり。

さくら餅の香りのウォッカ?

初めて口にした時は、驚きました。何故って、桜餅の香りがするのですから(笑)。それはポーランドのウォッカ、ズブロッカ。バイソングラスという植物を漬け込んだこのウォッカは、桜餅や、青りんごに似た香りと、爽やかな飲み口が特徴のお酒です。

桜の塩漬けを使った今回のカクテル。桜、桜、桜…。桜色といえば、ピンク。ピンクは、桃。閃いて桃のジュースをあわせてみたら、可愛らしいカクテルが出来上がりました。

桜と桃のピンクカクテル

材料

桜の塩漬け 2房
ズブロッカ 10ml
桃ジュース 50ml
氷 適量

作り方

① 桜の塩漬けは、さっと塩をすすぎます。

② 氷をたっぷり入れたグラスに、①、ズブロッカ、桃ジュースを注ぎます。

③ 軽くかき混ぜてできあがり。

グラスのなかに桜満開!

今回は廣島晴弥さんのカモメのカット、渡り鳥のカットが施されたグラスを使いました。桜の春霞ソーダと、桜と桃のピンクカクテル。どちらも仄かな塩気が効いてます。

グラスの中の小さな桜なのに、この華やぐ気持ちはなんなんでしょう!?この心浮き立つ、高揚する気持ち、テーブルの上で感じてみませんか?簡単なので、お花見の席で作るのもオススメです。


【あなたにおすすめの記事】
■いつもの料理にプラスワン“桜の塩漬け”で春色の食卓
■ホットカクテルの魅力は香り!簡単スパイス使いと器で感じる幸せ
■お酒とフルーツ!?春色の器とイチゴで春の気配の晩酌を
■お肉料理と相性抜群◎白ワインとシャンパーニュおすすめ3選
■テクニック不要!混ぜるだけ!キュートな桜シューアイス♡


執筆者:田中雪絵



37

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録