ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉の描き方 垢抜け眉 アイブロウ

ウソみたいに垢抜ける♡顔立ちもシーンも選ばない「誰でも美人見え眉」の作り方

顔の印象を大きく左右する眉メイク。美人眉の描き方をマスターすれば整形級に美人度がアップします。今回は誰もが美人に見える「ソフト&ハンサム眉」の描き方をご紹介します!真似しただけで垢抜け美人になれるはず!

目次

垢抜け確実!美人に見えるソフト&ハンサム眉

垢抜けが約束される眉、それは柔和な雰囲気と凛々しさを両立した眉です。

名付けて「ソフト&ハンサム眉」!顔立ちとTPOを選ばずにあなたを魅力的に見せてくれます。

ソフト&ハンサム眉の特徴は以下の3点。

・ノーズシャドウに自然と繫がる眉頭

・直線的だけどほどよくカーブしている

・眉山が丸みをお帯びたかまぼこ型

実際に描き方のポイントをご紹介します。

ソフト&ハンサム眉メイクで使うもの

筆者のすっぴん眉は細すぎ、短すぎで美人眉にはほど遠いです。

この状態から垢抜け美人眉を作っていきます!

今回使うアイテムは2つだけ。

画像左:フーミーアイブロウパウダー α ダークブラウン
画像右:ロージーローザ ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ

筆者は黒髪なのでグレー1色だけで描きますが、髪色にあわせてアイブロウパウダーの色を選んでくださいね。

髪色が明るい方は眉マスカラを使うともっと垢抜けます。

ソフト&ハンサム眉の描き方

眉の美しさはどこから描くかが肝。まずは順番通りにまねしてください。

①ちょこっとカーブがポイント!眉下ラインを描く

アイブロウパウダーを含ませて軽くティッシュオフをします。その後眉頭から1cm離れたところにブラシを置きます。ほぼ直線ですが眉山の手前あたりからやや弧を描くようにラインを描きます

②上半分はハンサムに!眉の上半分を描き足す

次にアイブロウパウダーを足さずに、そのまま上半分を描いていきます。上半分は直線でOK!眉尻の手前まで一気にざっと描きましょう。

POINT:眉下のカーブと上半分の直線の合わせ技で、ソフトでハンサムな印象が作れます♡

③細部も丁寧に!完璧な美眉になる眉尻と眉頭

眉尻は下げすぎると一昔前の困り眉に見えて、大人には不釣り合い。目尻の角度とそろえて描くのがベストです。

眉尻は短めがトレンドなので、意識して書いてみましょう。

眉頭はほとんどパウダーがついてないブラシで、ノーズシャドウの延長上に描きます。

ソフトでハンサム、美人見えする眉に仕上がりました!

眉メイクが上達すれば、整形級に顔立ちが変わって見えます。ぜひ練習して、美人眉を習得してください。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

tomoko

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録