ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク 今っぽアイシャドウメイク

グラデーションだけじゃもったいない!最新の今っぽアイシャドウメイク3選

普段のメイクの時にアイシャドウの塗り方がグラデーションばかりで、メイクがワンパターンになってしまっていませんか?ワンパターンに飽きてしまった方必見の、上級者アイメイクテクニックをご紹介します♡

目次

1:単色で仕上げる

アイシャドウを塗る際に、パレットを使用して何色か色を重ねて仕上げていくのが定番ですよね。

でも、単色のアイシャドウなどを使って1色で仕上げてしまうのも実はアリなんです♡

単色で仕上げるのにオススメのアイシャドウはこちら!

ベースカラーとしてだけでなく、涙袋にも使える万能なコーラルベージュのカラー。

メイク方法としてはこれ1色で囲んで仕上げるだけ!自然なのにこなれた抜け感が演出できます♡

このアイシャドウにプラスして、カラーマスカラやカラーライナーを目立たせてもめちゃくちゃ可愛い目元に!

2:オレンジ×イエローを組み合わせて色で遊ぶ

最近流行っているイエローのアイシャドウなど、「使ってみたいけど塗り方がわからない」というそこのあなた!

イエローって意外と使いやすいカラーなんです♪

私がオススメする、イエローと相性抜群の組み合わせはオレンジ!

オレンジ系のアイシャドウは使っている方も多いのではないでしょうか?

肌なじみがよく使いやすいオレンジシャドウとイエローを合わせることで、より簡単にイエローが使いやすくなるんです♡

オレンジとイエローは色相環で見てみると隣同士のカラー。似ているカラーなので馴染み易くてとっても使いやすい!

使うアイシャドウはこちら。

メイク方法はこちら。

お好みで締め色を足したり、カラーライナーで遊ぶとよりオシャレな目元に仕上がります。

3:マット×ラメの異なる質感を組み合わせてみる

マットなアイシャドウはおしゃれだけど、それだけだとしわが目立ってしまったり、意外と難度が高いもの。でもそこにラメを組み合わせると、そんなお悩みも解消できちゃうんです!

使うアイシャドウはこちら。

メイク方法はこちら。

ベースをマットなアイシャドウで仕上げてから、アイホールの中央と涙袋に大粒のラメやグリッターをポンポンと重ねるだけ!

異なる質感を合わせることで、それぞれの良さを引き出してくれます。

いかがでしたか?以上がグラデーション以外の最新今っぽアイシャドウの塗り方でした。ぜひマネしてみてくださいね!

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

マ~イ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録