アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

世界に1つだけのお気に入り♡古着で簡単ハンドメイド丸い座布団の作り方

もう着なくなった可愛い絵や文字が書かれたTシャツはありませんか?今回は、そのTシャツをリメイクして、持ち運びのできる丸型・座布団の作り方をご紹介します。ご自宅やオフィスでチェアマットとして使ったり、お花見や運動会に持って行ったりしてもいいですね。

目次

この記事を試すのにかかる時間

  • 1つ 3~4時間

この記事を試すのにかかる金額

  • 1つ 500円くらい

作り方

材料

・古いTシャツ 2枚
・分厚いキルト芯(使っているものは2.5cm厚) 40cm角
・円の型紙 (大)半径18cm・(小)半径9cm
・テープ 10cm
・紐 80cm
・チャコペン
・目打ち
・針と糸
・刺繍糸 
・はさみ

<円(半径18cm)型紙の作り方>

・画用紙に、18cm幅のところで2箇所穴を開ける。
・穴にペンと目打ちをさして、目打ちを中心にして円を描く。
※目打ちの下に穴があかないように厚紙などを敷いておく。
※同様に円(半径9cm)も作る。

1、準備する

①円の型紙(大)の作り方の通りに、Tシャツ2枚とキルト芯を裁断します。

②キルト芯の上に、表になる円に切ったTシャツを乗せます。

2、縫い合わせる

①テープを半分におり、輪が円の中心側になるように縫いとめます。

②2枚目の円に切ったTシャツを裏側にして、①の上に乗せます。
※中表になるように

③縫い代を1.5cm付けて、3枚(キルト芯・表布・裏布)を波縫いで縫いとめます。
※返し口を15cm残す。

④返し口から表に返します。

⑤返し口を閉じます。

3、仕上げる

①円の型紙(小)を写真のように上に載せて、チャコペンで線を引きます。

②チャコペン通りに、刺繍糸で波縫いにステッチします。

裏側の様子。

③テープの輪にひもを通して完成です。

使い方

持ち運ぶ時は、筒状にした座布団を紐で結びます。
普段は、紐をちょうちょ結びにしておくとアクセントになって可愛いですよ。

Tシャツの合わせ方は、色々あると思います。
柄物と無地を合わせたり、反対色を合わせたり。
頭の中で、オリジナルの布合わせを考えるのも楽しいですよ。
是非、作ってみてくださいね。

「#ハンドメイド」の記事をもっと見る


【あなたにおすすめの記事】
■簡単ハンドメイドでかわいい丸底収納ボックス♡
■春色のかわいい&便利な三角ストールを簡単ハンドメイド♡
■オシャレなお部屋への第一歩♡100均で叶えるインテリア特集
■詰めるだけで即完成!春色♡フラワーボトル
■優秀プチプラ収納グッズ!ニトリの「カラボ」って知ってる?


/

この記事の著者

yasumin

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録