アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
整形メイク ノーズシャドウ アイシャドウ リップ 眉の描き方

こんなに変わるなんてまるで整形!?気になるコンプレックスまるっと解消メイクテク

/

メイクをすることで顔は華やかになりますが、メイクしていても気になってしまうコンプレックスに悩む方も多いのではないでしょうか。今回はピンポイントでコンプレックスを解消するメイクテクをご紹介。よくあるお悩みから、メイクの効果まで詳しく説明します。

目次

【小鼻を小さくしてスッと通った鼻筋に】団子鼻解消メイク

スッと通った鼻筋といえばノーズシャドウですが、小鼻が丸く大きめの「団子鼻」で悩んでいる方はノーズシャドウよりも先にコンシーラを使うことがポイント。

元々の鼻の形を消すために、影や赤みをカバーしていきます。

一度フラットな状態にすることで、白いキャンバスができるように、次のステップのノーズシャドウが効果的になります。

団子鼻を解消するノーズシャドウはとにかく小鼻がポイントです。

コンシーラーでしっかりと形をカバーしているので、理想の鼻の形を描いていくイメージです。

「細いブラシでかたどってから→指でボカす」という工程をふむことで、誰でも簡単に自然なノーズシャドウを入れることができます。

こちらがボカした後の状態です。

ハイライトを入れていないのにとてもナチュラルに鼻筋が出ています。

【老け顔をカバーしてリフトアップ効果も】中顔面短縮メイク

中顔面とは【目から口まで】の範囲を指します。

ここが長いと老けて見えたり、顔が間延びして見えてしまったり、顔が大きく見えてしまったりと、可能であればぜひカバーしておきたい部分です。

中顔面を短く見せる一番手っ取り早い方法は、「下まぶたのメイクをオーバー気味にする」ということです。

いつもより1〜2mmくらいオーバーにするだけで、顔の印象がガラッと変わります。

【中顔面も短く見えて目力もアップ】のっぺり顔解消アイブロウ

先ほどと同じように、中顔面を短く見せてくれる+目力をアップさせてくれるポイントは「眉」です。

こちらも、下まぶたメイクと同様、いつもより1mmでもいいので、眉のアンダーラインを描き足してみてください。

下まぶたメイクもそうですが、重心を下に下にを意識すると、中顔面が短く見えて、若々しいかわいい印象に近づきます。

【老け見えやゴボ口を解消して引き締まった顔立ちに】人中短縮メイク

人中は【鼻と上唇の間】のこと。

人中を短縮する手術は「リップリフト」とも呼ばれ、加齢と共に長くなり、間延びした印象になってしまう人中を短くして、若々しく引き締まった印象にする整形手術です。

でも人中短縮ってメイクで簡単にできてしまうのです!

やり方はとても簡単で「上唇の山を丸くする」だけ。唇もぷっくり見えて一石二鳥。

中顔面短縮メイクと合わせてやってみると、本当に顔が若返るのでぜひ挑戦してみてください♪

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録