ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク デカ目メイク

手順は3つだけ♡簡単なのにびっくりするほどデカ目に見える!クイックデカ目メイク

時間がない時でも、しっかり盛れるメイクをしたいですよね。今回は誰でも簡単に3STEPで出来ちゃうデカ目メイクのご紹介です。定番の涙袋の書き方やまつ毛に関する工夫など、私自身が普段から意識していることをまとめてみました。一緒に自然なデカ目になっちゃいましょう!

目次

簡単メイクでもデカ目になれる♡

今回は3ステップでできる、簡単にデカ目になれるメイク方法をご紹介します!

普段のメイクにプラスしてみたり、少しの意識でぐっと目の印象が変わるのでデカ目になりたい方必見です。

STEP①アイシャドウは「く」の字に

目尻側から下目尻にかけて「く」の字にアイシャドウを入れます。

使うアイシャドウパレットはお手持ちの物でOK。

メインのカラーや少し濃いめのカラーを使い、目尻側を濃いめに仕上げます。

少し大きめのブラシで境目をよくぼかすのがポイント。目全体の幅が広がって見えるのでデカ目効果抜群ですよ♡

STEP②まつ毛はしっかりと上げる

まつ毛全体を上げるのではなく、黒目上を根元からしっかりと上げてカールは緩めに、目尻側は、根元は上げすぎずカールを付けるイメージでまつ毛をあげるのがポイントです。

目頭側のまつ毛をビューラーで挟み、少し上に傾け3秒キープすることでびっくりするほどまつ毛が上がり目が大きく見えます!

更にマスカラは、縦幅を意識するように、黒目上のまつ毛をしっかりと伸ばすように塗っていきます。

ロングタイプのマスカラを使うのがおすすめです。

STEP③涙袋の影は絶対!

デカ目メイクの代表と言っても過言ではない程重要なのは「涙袋」。

最近では涙袋専用のアイライナーなどがありますが、今回使うのはなんとアイシャドウ!

細いブラシとアイシャドウで自然な涙袋が作れちゃいます。

涙袋全体ではなく、少し目尻側のところに逆三角形を描くように影を書きます。

三角形は画像のような形で高さはあまり出さないようにするとクマっぽく見えなくなります。

涙袋があるのとないのではかなり目の大きさが違って見えるので、ぜひやってみてください。

いかがでしたか?今回は簡単なのにしっかり盛れる、3STEPデカ目メイクをご紹介しました。

Before、Afterはこのような感じ♡

お手持ちのアイテムで簡単に真似できる内容ですので、ぜひ参考にしてみてください。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

マ~イ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録