アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

自宅で簡単手作り♡“箱ティッシュケース”の作り方

ティッシュはいつもバッグの中にあると安心ですよね。ポケットティッシュでは、「あれ?もうない…」と、あっと言う間に終わりがきていることもありますが、こちらのティッシュケースを使うと、大きいティッシュをたくさん持ち歩けますよ。自宅に置いていても可愛いティッシュケース、今回も手縫いで作ってみました。ぜひ作り方をチェックしてみてください。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

この記事を試すのにかかる時間

  • 1枚 3時間(手縫い)

この記事を試すのにかかる金額

  • 1枚 500円くらい

箱ティッシュケースの作り方

材料

・ラミネート生地(26cm×25cm)1枚
・ラミネート生地(12.5cm×2cm)2枚
・ひも (10cm)
・ボタン(直径2cm) 1つ
・針と糸(色:赤・白)
・クリップ
・はさみ

1、準備する

・ラミネート生地を裁断します。
26cm×25cm 1枚
12.5cm×2cm 2枚

*ボックスティッシュの大きさでサイズは違ってきます。
今回は、「たて197mmよこ213mm」のBOXティッシュを使いました。

2、縫う

① 25cmの辺を三つ折りにします。クリップで止めます。

(三つ折りは、7mmを2回折るように。)

② 赤い糸で波縫いします。

こちらは表側。

③ 反対側の辺も同様に。 

④ このように折って、クリップで固定します。

⑤ 片方に、ひもを半分に折って、縫い付けます。取れないように、しっかりと。

 

⑥ 12.5cm×2cmのラミネート生地を縦半分に折って、端を包むようにクリップで止めます。

⑦ 赤い糸で波縫いします。

反対側も同様に。

3、仕上げる

① 表に返して、ひもの反対側にボタンを縫い止めます。

完成です!

持ち歩くときは、このように半分に折ってボタンにひもを掛けます。

使うときは、広げて。

*ボックスティッシュの中身を適量取り出して、ケースに入れています。

箱ティッシュケース、我が家での使い方

我が家では、洗面所で使っています。ラミネート生地は、水に強いので、ケースが濡れてもティッシュまで染み込みません。汚れも付きにくいですよ。

今回は、インテリアに合わせやすいベージュ系のラミネート生地を使いました。そして、手縫いの可愛らしさを出したくて、アクセントになる赤のステッチを入れてみましたよ。

みなさまもオリジナル作品を作って、生活を楽しんでみてくださいね。

箱ティッシュケースのラミネート生地について

今回は、手縫いにしましたが、もちろんミシンでも縫えます。
ミシンの場合は、ラミネート生地の滑りが悪くて縫いにくいときがあるので、ラミネート生地を縫いやすくする”シリコンペン”などを使うと便利ですよ。手芸店においています。
そして、針穴が一度つくと消えないので、まち針などを使わずにクリップを使うことをおすすめします。

「#ハンドメイド」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■すっきりダイニングの秘密!ボックスティッシュ収納アイデア
■この子超気が利くな…と思わせる!できる女ミニポーチの中身公開
■サンリオ×しまむらコラボが見逃せない!大人が使える♥アイテム
■赤ちゃんを連れて出かける時便利だったもの
■お出かけ前・帰宅時の動線をスムーズに!身支度コーナーのススメ


執筆者:yasumin



16

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録