ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
アイメイク 下まぶた 涙袋

ただアイシャドウ塗るだけはNG!びっくりするほど垢抜ける♡失敗しない下まぶたメイク

最近のトレンドメイクを見ていると、ナチュラル路線ではあるものの、下まぶたのメイクは欠かせないものになっています。ただ、下まぶたメイクはアイシャドウを塗ればいいという訳ではありません。今回は顔の印象をガラリと変える下まぶたメイクをご紹介します。

目次

【POINT1】目の下のコンシーラーは涙袋を意識した塗り方で

クマやくすみをカバーするために、目の下にコンシーラーを塗っている方は多いと思います。

目の下のコンシーラーは“涙袋を作るイメージ”でカバーしていくのがおすすめ。ぷっくり見せたい部分にだけほんの少量コンシーラーをのせ、薄く横に伸ばします。

クマをカバーしたい場合は、少し間をあけてコンシーラーを塗ります。こうすることで、涙袋の影を描かずに、涙袋をぷっくりさせることができます。

Before/Afterはこちら。

とってもナチュラルですが、涙袋がぷっくりしていることで、目が大きく見えます。くすみも無くなり、明るく、抜け感のある目元になります。

【POINT2】目尻にコンシーラーをちょこっとのせる

ナチュラルにデカ目効果を狙うなら、“アイシャドウではなくコンシーラーを使う”のが垢抜けメイクのポイント。

メイクの最後でもいいので、四角に囲った部分にコンシーラーをちょこっとだけ塗ります。

この部分が開いていると、目の横幅がグッと広がって見えます。

【POINT3】目頭から黒目あたりまでは赤いシャドウで埋める

最近人気の芸能人などに注目すると、目頭側の粘膜が、正面からしっかり見えている方が多いです。

目が大きく見えるだけでなく、鼻筋が細く見えたり、目の重心が下に下がることで、老け顔解消にも効果的。

目頭側の粘膜を際立たせるために、少しはみ出すように赤やボルドーカラーのシャドウ(ペンシルでもOK)を細く塗ります。

塗っているのか塗っていないのかわからないくらい自然に仕上げるのがコツです。

たった3つのポイントですが、これをやるとやらないとでは、目の印象が大きく変わります。

ナチュラルメイクが主流の今、濃く見えがちな下まぶたメイクは少し難易度が高いけれど、この3つのポイントをおさえれば、初心者さんでも失敗せずに下まぶたメイクを楽しめると思いますよ。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

まる

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録