アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

72時間が勝負の分かれ道!うっかり日焼けケアはこれがベスト!

‘うっかり日焼け’を経験したことがある方も多いはず。何もしなければシミや日焼けへと繋がりますが、メラニンが作られるのは紫外線を浴びてから72時間後! つまり、72時間の間に適切なケアをすれば、日焼けによるダメージを最小限に抑えられるのです。そんな‘うっかり日焼け’のケア方法を教えます!

目次

日焼け直後:まずはとにかく冷やすこと

日焼けによるダメージをなんとかリカバリーしたい、という方はすぐに美白アイテムを使ったケアを始めるかもしれませんがそれはNG。なぜなら、紫外線を浴びて真っ赤になってしまっている肌はいわば軽いやけどをしている状態。

まずは冷やすことを最優先しましょう。冷水のシャワーを直接当ててしまうと水圧が炎症を起こしている肌の刺激になってしまう可能性があるので、水を絞ったタオルや氷のう、保冷材などで冷やすのがおすすめです。

日焼け直後~12時間:たっぷりの化粧水を与える

十分に冷やして赤みやヒリつきが引いたら、次は化粧水で水分補給をしましょう。紫外線のダメージは日焼けやシミ・シワ・たるみなどのエイジングサインだけと思いがちですが乾燥も引き起こしてしまうのです。

紫外線によって奪われた水分をしっかりと化粧水で水分補給をすることが大切です。ただ、紫外線を浴びた肌はいつもよりも弱っているのでなるべく肌に優しい低刺激処方の化粧水を選んで手で包み込むようにつけましょう。

間違ってもコットンでのパッティングなど肌に刺激を与えることはやめましょうね。

日焼け直後~:インナーケアも忘れずに!

紫外線を浴びてしまうとメラニンを生成してシミを作ってしまうだけでなく、活性酸素という様々なエイジングの原因となるものも生成されてしまうため、体内からこれらにアプローチすることも大切です。

抗酸化作用の強いビタミンA・Eや、抗酸化作用はもちろん、メラニン生成を抑制するビタミンCを意識して食事やサプリメントから摂取しましょう。
また、紫外線によって傷ついてしまった細胞を修復するため睡眠も必須。いつもよりも多くより質の良い睡眠をとることを心がけてください。

~48時間以内:肌が落ちついてきたら美白ケアを取り入れて

美白成分は紫外線を浴びた直後の肌にはちょっぴり刺激が強いので、赤みやヒリつきなどの違和感が完全になくなったらいよいよ美白アイテムの出番です。美白有効成分が配合された医薬部外品のアイテムをケアに取り入れてうっかり日焼けをリカバリーしましょう。

うっかり日焼けはしないことが一番ですが、今回紹介したケアを覚えておけば万が一うっかり日焼けをしてしまった時に役立ちます。ぜひ頭の片隅にとどめておいてくださいね。

楽しい思い出の代償にシミが…なんて悲しいことにならないために、72時間以内にしっかりケアをしましょう!

「#紫外線」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■色白美人になりたい人注目ハッシュ♡#美白オタクのオススメ品
■春の紫外線対策は内側からのケアが大切!おススメ食材5選
■紫外線に打ち勝つ!美容マニア推薦のお悩み別優秀アイテム
■しみの漂白剤『ハイドロキノン』と次世代美白成分『ルミキシル』
■紫外線は年間の中で5月がもっとも危険!?その理由と対策法


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

剱持百香

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録