アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

アンチエイジングとエイジングケアの違いって?エイジングケアは何歳から?今すぐできる3つの事

年齢と共に衰えてくる肌…。いつまでも若々しい自分でありたいですよね。そこで今回は、今からできるエイジングケアの方法を3つご紹介します!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

エイジングケアの基本は、保湿と心得るべし

「エイジングケア」という言葉を耳にするたびに、そもそも自分はエイジングケアが必要なのかどうか、分からないという人も多いと思います。

そもそも「アンチエイジング」と「エイジングケア」は全く別物。「エイジングケア」をしたからといって、肌が老化に逆らったり、蘇ったりするわけではありません。

「しわをなくす」「肌のたるみを引き上げる」などの効果を求めるのであれば、美容医療にかかることをおすすめします。

一般的な化粧品や日々のケアで実現できるのは、「老化を極力遅くすること」「年齢平均以上に、肌の水々しさを保つこと」で「若々しく見られること」。つまり、多くが保湿によって叶えられることであると心得ておきましょう。

エイジングケア、何歳から始める?

自分にエイジングケアが必要かどうかを判断する1つの基準に、「年齢」で判断をする方法があります。

東洋医学の考え方では、女性の体は「7の倍数」の年齢のときに変化が訪れると考えられています。
21歳で女性としての体ができあがり、28歳は女性として体がもっとも充実し、35歳で容姿の衰えが見え始めると言われています。

なので、是非28歳の、一番体が充実する年齢からエイジングケアを始めるのをひとつの目安にしてみて!

本格的にコスメをエイジングケア用に切り替えるのは35歳で行うとして、28歳やそれ以前から意識してできる、エイジングケアをご紹介します。

今からできるエイジングケア①

自分にぴったり合うサプリメントを見つけましょう。年齢を重ねるごとに、外側からのケアだけではなく内側からのケアも必要になってきます。

しかし現実には、年齢を重ねれば仕事の充実やキャリアアップを迎え、栄養バランスを考えた規則的な食事をとることがどんどん難しくなっていくと考えられます。

そんなときに頼れるのがサプリメント。自分にぴったり合うサプリメントを見つけておくと心強いですよ。

今からできるエイジングケア②

「エイジングケア=顔のケア」と思っていませんか?
実際には、首や手などのパーツには、年齢肌が出やすいと言われています。

そこで洗顔後は化粧水を顔にはたいたあと、首までしっかりと保湿します。さらに手は、ハンドスクラブなどを活用して念入りにケアしてみて。
首まで惜しみなく使えるプチプラ化粧水を導入するのも手ですよ。

今からできるエイジングケア③

年齢肌が気になる箇所にピンポイントでケアすることのできるアイテムを取り入れてみましょう。
集中的にケアすることで、年齢肌の進行を防ぐことができます。

私の場合は目元のちりめんじわが気になり始めたのが年齢肌対策を始めたきっかけ。オフィスにいる時間も長いので、夕方、メイクの上からでも使えるジバンシィの保湿クリームを愛用しています。

いかがでしたか?今からすぐにできるエイジングケア、試してみてくださいね!

「#スキンケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■その毛穴、たるみのせいかも!週に2回の簡単美人マッサージ
■合言葉は「デコルテまでが顔!」マイナス5歳のスキンケア
■歳より上に見られてない?6つの老け顔ポイント
■毎日の習慣に取り入れたい!レモン白湯の効果に驚き!
■話題のリファ本当にリフトアップ効果があるの!?2週間お試しレポート


執筆者:Kaori Ueyama



3

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録