アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

そのメイク、顔を大きく見せてます!プロが教えるNGメイク7つ

いつもしているメイクが、自分の欠点を悪目立ちさせたりして逆効果になっているということがあります。とはいうものの、自分のメイクを客観的に見つめて欠点に気がつくのはとても難しいことです。そこで今回は、顔を大きく見せているNGメイクをご紹介します。当てはまるものがないか、ぜひチェックしてみてください。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

①首の色よりも白いファンデを使っている

誰もがやりがちな顔を大きく見せるNGメイクは、首よりも白い色のファンデを使うこと。そうすることで、顔が膨張して見えて顔が大きく見えてしまうことに繋がります。

ファンデを選ぶ際は、顔の色ではなく、首の色に合わせることが大切です。

②ぼかさない

ファンデはもちろんのこと、アイブロウ、アイメイク、チークを塗る時、自然な仕上がりになるようしっかりとぼかしていますか?

ぼかさなければ、顔がのっぺりとした印象に見えたり、塗った色が悪目立ちするなどして顔が大きく見えてしまうことに繋がります。

仕上げには必ずスポンジやスクリューブラシ、指などでぼかす作業を行いましょう。

③チークを丸く入れたり、幅広に入れる

チークの入れ方ひとつでも顔の大きさが変わってきます。チークを丸く入れると顔の丸さが際立ってしまったり、ぽっちゃりとした印象に見えてしまうことになります。

また、チークを幅広に入れてもサイドに顔が広がって見えたりして顔を大きく見せてしまうことに繋がります。

チークは笑った時の頬のトップより少し高めの位置から斜め上に引き上げるように入れるのがオススメです。

④眉を短く描く

眉は顔全体のイメージを左右するパーツ。それが短いと、顔の余白が増えた印象になったりして顔が大きく見えてしまうことに。

眉の長さは全体のバランスを見ながら少し長めに描くのがオススメです。

⑤シェーディングやハイライトは使わない

メイクでは立体感を出すことが大切です。立体感が出ずにのっぺりとした印象に見えてしまうと、顔も大きく見えてしまう恐れがあります。

シェーディングやハイライトを使って、自然な立体感を出すことを心がけましょう。

⑥アイラインを太く入れる

アイラインを太く入れると、目を小さく、顔を大きく見せてしまうことに繋がります。

アイラインは二重幅の3分の1程度までの太さに留めることをオススメします。

⑦控えめな色ばかり使ってメイクする

普段のメイクでは、自分の好きな色を使っているという人が多いのではないでしょうか。しかし、好きな色ばかり使っていると、色みを抑えた控えめな色ばかりを使ってしまうということがあります。

しかし、これはNGメイク。メリハリのついていないメイクは顔を大きく見せてしまう恐れがあるからです。

メイクをする際は、色でもメリハリをつけることが大切です。1つか2つ強調するパーツを決めて引き算をしながらメイクしましょう。

あなたは、いくつ当てはまりましたか?当てはまるNGメイクがあった人は、ぜひこの機会に見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■効果を知ったらやらない選択肢なし!顔ちっちゃっ!のメイク術
■買って損なし!メリハリ顔&小顔を叶える神コスメ5選!
■こつぶ目解消! 目ぱっちり&疲れ目防止マッサージ
■周りの視線を独り占め♡絶対に小顔に見えるチーク術
■知らずにやっているかも!?プロが教える「顔でか!」の原因5選


執筆者:遠藤幸子

更新日:2018年7月16日


70

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録