アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

材料3つで簡単にできる!寒い日に食べたい♡とろ~りチーズのオニオングラタンスープ

/

料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。寒くなると、熱々のスープが恋しくなりますよね。そんな熱々のスープの一つ、『オニオングラタンスープ』は、ファミリーレストランでも人気の定番料理ですが、お家でも意外と簡単に作れちゃいます。今回は、冬の定番『オニオングラタンスープ』のレシピをご紹介します。

目次

寒い日に熱々♡オニオングラタンスープ

私は、某ファミリーレストランの『オニオングラタンスープ』が大好きで、初めて食べた(飲んだ?)時の衝撃は、今でも忘れられない程です。でも実は、オニオングラタンスープはお家でも意外と簡単に作れちゃうんですよね。

オニオングラタンスープは、玉ねぎとバゲット、チーズという、3つの少ない材料で作れちゃう、意外と簡単なシンプルなお料理です。ポイントとしては、薄くスライスした玉ねぎをじっくり炒めて甘味を引き出す事。このじっくり炒めた玉ねぎの甘味がスープの美味しさに繋がります。

作り方もとってもシンプル。炒めた玉ねぎをコンソメスープで煮込み、スープボウルに入れて軽くトーストしたバゲットを浮かべ、シュレッドチーズをかけてオーブンで焼くだけ!熱々のスープがしみしみのバゲットに、とろぉ~りチーズが絡んで絶品です♡

材料(2人分)

玉ねぎ 1/2個
塩(玉ねぎ用) ひとつまみ
サラダ油 大さじ1杯
バゲット 1.5㎝×2枚
コンソメスープ(ブイヨン) 400ml(2cup)
塩コショウ 各少々
シュレッドチーズ 40g
パセリ(みじん切り) 少々

作り方

① 玉ねぎを薄切りにします。

② 熱したフライパンにサラダ油をひいて①の玉ねぎを入れ、塩を振って弱火で薄く茶色に色付くまでじっくりしため、甘さを引き出します。

※塩をひとつまみ加えて炒めると、浸透圧の関係で水分が抜け、早く炒める事ができます。

③ ②にコンソメスープを注ぎ、沸騰したら弱火にして5分程煮込み、塩コショウで味を整えます。

④ 耐熱性のスープボウルに③を注ぎ、軽くトーストしたバゲットを入れ、シュレッドチーズをかけて、200℃に予熱したオーブンで、約15分焼成します。

⑤ 焼き上がったらパセリを振って、完成です!

今回は、玉ねぎをじっくり炒めるところからレシピにしていますが、実はもっと簡単に作る方法があります。市販の『炒め玉ねぎ』を利用すると、よりお手軽に『オニオングラタンスープ』が作れちゃいますよ。

市販の『炒め玉ねぎ』は、コストコや業務スーパー、ネットでも購入できますし、最近はスーパーでも手に入りますので、忙しい時に活用してみるのもオススメです。

玉ねぎには血液をサラサラにしたり血行を促進する効果がありますし、ビタミンB1を含む豚肉や鰹などの食品と合わせると、疲労回復の効果も期待できます。『オニオングラタンスープ』に合わせるお料理は、ポークソテーや、鰹のカルパッチョなどにすると献立のバランスも良くなりますね。

これからの季節は、日に日に寒さが増してきますので、体が冷え切った日にはぜひ、『オニオングラタンスープ』を献立に取り入れ、温かくて健康的な食事を、家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?

「#スープ」の記事をもっと見る



この記事の著者

sachi

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録