アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

おしゃれさんはみんなしてる!マニキュアでホワイトべっ甲ネイル

100円ショップのマニキュアを使って簡単にできるセルフネイルをご提案しているアッキーです。オレンジ系やレッド系など、いろんなべっ甲ネイルを目にしますが、今回はホワイトベースにブラウンのべっ甲柄で、見た目がとってもおしゃれなホワイトべっ甲ネイルに♡簡単なのでぜひ挑戦してみてください!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

使用マニキュア

・ACクイックドライ ベース&ハードナー/セリア
・TMリキュールネイル3 鳶色(とびいろ)/キャンドゥ
・エスポルール ネイルポリッシュA オリーヴ NO.45/ダイソー
・カラフルネイルズ N10 ペールラベンダー/キャンメイク
・ジェルボリュームトップコート/キャンメイク

やり方

ベースコートを塗っておきます。

① ベース&ハードナーを1度塗りします。

② 鳶色を3ヶ所ほど塗ります。

③ ベース&ハードナーを薄く全体に塗り重ねます。

④ 先ほど塗った鳶色の箇所と少しずらして、もう一度鳶色を塗ります。

はじめにつけた箇所と少しずらして塗ってください!
少しずらしてつけることによって、奥行きが出ます。

⑤ ホワイト部分に少しベース&ハードナーをつけます。

⑥ トップコートで鳶色とベース&ハードナーの色を馴染ませます。

⑦ ホワイトのクラッシュシェル(キャンドゥ)をトップコートをのり代わりにしてランダムにつけていきます。

親指・小指

オリーヴを2度塗りします。

トップコートをのり代わりにして、爪元にリーフスタッズ(セリア)をつけます。

中指

ペールラベンダーを2度塗りします。

トップコートをのり代わりにして、真ん中に丸のフレームパーツ(キャンドゥ)をつけ、フレームパーツの上にパール(キャンドゥ)とストーン(ダイソー)をつけます。

最後にすべての指にトップコートを塗って完成です!

ホワイトべっ甲ネイルを作る時のポイント!

オレンジ系のべっ甲ネイルだと、ブラウンを結構馴染ませてしまっても大丈夫ですが、ホワイトべっ甲ネイルの場合は、ブラウンの模様をしっかり作るということが1つ目のポイントです。形が残っているとホワイトべっ甲らしくなります。

また、2回に分けてホワイトべっ甲ネイルの模様のブラウンを入れることで奥行きがうまれます。奥行きを出すためにも、1回目に入れたブラウンがわかるように2回目に入れるブラウンは、少しずらして1回目のブラウンがわかるように塗るのがポイントです。

1回で終わらすのではなく、手間をかけて2回にすることで、よりホワイトべっ甲ネイルに近づきます。

ホワイトべっ甲の模様が目を引き、とってもおしゃれにみせてくれるネイルデザインです。

またホワイトとブラウンを使っているので、どんなカラーでも合わせやすいもの嬉しいですよね。今回のようなアースカラーからボルドーやピンクまで何でも合います。

いつものべっ甲ネイルに飽きたら、このホワイトべっ甲ネイルをぜひ取り入れてみてください!

「#べっ甲ネイル」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■オフィスもOK☆セルフで簡単“白べっこうネイル”やり方
■とろり淡いミルキーカラーで冬ネイル
■秋と言えばべっ甲♪簡単赤べっ甲ネイルのつくり方2選
■100均とプチプラで作る!大人レディなべっ甲ネイル


執筆者:アッキー



78

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録