アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

化粧水のつけ方間違ってない?プロが教えるコットンや手でつける方法

WEBメディアで活動中の美容ライター須田夏美です。毎日洗顔のあとに必ずと言っていいほど使う化粧水。さらっとしたものやとろみのあるもの、肌悩みに合わて数多くの中から選ぶことができ、肌へのなじみの良さからも気持ちよく感じられるアイテムですよね!そんな化粧水、みなさんはどのように使っていますか?

目次

化粧水をつける方法、迷ったことはない?

化粧水をつけるとき、手に出してそのままつけるか、コットンを使うか悩んだことはないでしょうか。
ビューティーアドバイザーに使い方を教えてもらったり、商品説明がきっちりと書かれているものはもちろん多く、その通りに使う方が本来の効果は得られるとされています。

ですが肌質は人それぞれで、手で直接使う方が好き、コットンを使って化粧水をつけたいなど、自分なりのスキンケア方法がある人も多いはず。

今回は手でハンドプレスしながらつけるときと、コットンを使うときのメリットやデメリット、注意点などをご紹介します!

①手でつけるとき

メリット・デメリット

手のひらに化粧水を出してつけると、手の温度で化粧水があたたまり、肌になじみやすくなります。
少しの量でも顔全体になじませることができるので、しっかりと化粧水の効果を肌で実感できるような気もしますよね。

やさしくなじませてあげることで肌への負担も少なく、特にニキビなどの肌トラブルに悩まされている人にはオススメの方法です。

ですが一方で、手のひらで化粧水をなじませると均一にのばすことができないというデメリットがあります。
手のひらは平らではないので、ササッと化粧水をつけるだけでは、きちんと全体につけられていないということもあるのです。

手でつけるときの方法と注意点

化粧水を手でつけるときは、まず手を清潔な状態にしてください。
化粧水は少量ずつ手に取り、部分部分で数回に分けて化粧水を足しながらしっかりとなじませていきます。

最後に手のひら全体で包み込むようにハンドプレスすることで、さらに効果が実感できるようになります。

②コットンを使うとき

メリット・デメリット

コットンを使って化粧水をつけると、コットンの線維が肌表面の汚れや角質を拭き取ってくれるので、肌をキレイに整えることができます。

肌全体に均一に化粧水をなじませることもできるので、ささっと簡単に済ませられますね。
コットンにたっぷりと化粧水を浸し、コットンパックで手軽なスペシャルケアもオススメです。

一方でコットンを使って化粧水をつけると、化粧水をたっぷりと使わないといけないというデメリットがあります。

化粧水はさらっとしたタイプのものから、少しとろみがあるタイプのものまでありますが、タイプによってはその量が多く必要になってしまったり、コットンでは少し使いにくいということも。

さらに化粧水の量が少ないと、コットンとの摩擦で肌を傷つけてしまうので、注意が必要です。

コットンを使うときの方法と注意点

まずは自分の肌にあった、刺激の少ないコットンを選ぶようにしましょう。
化粧水はたっぷりと使い、ひたひたにした状態で、こすらないよう優しくつけていきます。
最後にハンドプレスすることで、効果も高まりますよ。

自分流をみつけてさらにキレイな肌へ

いつも使っている化粧水。手でつけるかコットンでつけるかは、それぞれにメリットもデメリットもあります。

化粧水の種類や肌の状態、ライフスタイルに合わせながら、自分流のスキンケア方法を見つけてみてください。
使い方ひとつで、お肌の状態も変化するかもしれませんね!

「#スキンケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■プロが全部解決します!今さら聞けないスキンケアの疑問7連発
■化粧水は手で?コットンで?女子の永遠のギモンの正解は…
■化粧水ケチッてない?プロが教える正しい化粧水の使い方!
■今さら聞けない!乳液とクリームの違いって!?


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

須田夏美

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録