アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

化粧水ケチッてない?プロが教える正しい化粧水の使い方!

美肌には保湿が重要と聞くけれど、「結局どのくらい化粧水を使えばいいのか分からない」「すぐになくなったらもったいない」と思ってしまうことはありませんか? 何気なくつけている化粧水ですが、保湿を語る上で化粧水の使用量はとても重要です。 今回は、知っておきたい化粧水の使い方の基本知識をご紹介していきます。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

化粧水の正しい使用量って?

肌に水分をあたえるこが大切なのは、耳が痛くなるほど聞いたことがあるでしょう。肌が乾燥すれば、肌トラブルやシワの原因にもなりかねません。そこで重要なのは、ただ化粧水をむやみに付けることではなく、付ける量が適量なのかが重要になってきます。

ポイント1 化粧品メーカー推進の使用量は必ず守る!

化粧水には1回の使用の目安の量が表記してある場合や、この化粧水は毎日使うと「〇ヶ月分」と提示しているものがあります。こんな表記を見かけたら、最低でもその量は必ず守るようにしましょう。開発されるうえで、肌の研究を行っているメーカーが提示している量を守ることは効果を発揮させる上で大前提です。

500円玉程度の化粧水をなじませましょうなんてブランドが多いですね。

ポイント2 肌がもちっと手に返ってくる感覚が目安!

上記では、メーカー推進の量を守りましょうとお伝えしましたが、肌の状態は毎日変化がありますし、肌質にも個人差があります。その目安となるのが自分の手の感覚です。

化粧水をつけたあとに、肌が手のひらに吸いついてくるような感覚があれば、保湿完了!の目安です。ただし、トロミのある化粧水を使用した場合は肌表面だけが化粧水の質感でペタッとなることがあるので要注意!内側から潤いを感じられるかどうか、確認することが必要です。

化粧水をつけた後も大事…!

化粧水を塗ったあとは、化粧水が蒸発しないように、油分の入った乳液やクリーム、美容液などでふたをします。特に乾燥の気になる季節は、乳液とクリームを重ねづけして、肌を皮脂膜でおおうようなイメージで肌をコーティングしてあげましょう。

ご自身の肌悩みに合わせ、「美白系」「エイジングケア」など、効果を選ぶといいですよ。

今回は化粧水を付ける上で大切な基本の知識をご紹介していきました。

ご自身の化粧水を塗るときを思い浮かべてみるとどうでしたか?せっかくスキンケアをするならば、お肌のことを思って丁寧にしっかり保湿をしてあげましょう!

ただなんとなく化粧水をつけていた…という人は、ぜひ今夜のスキンケアから見直してみてださい。少しずつの努力の積み重ねが、ゆくゆく肌の変化を感じられますよ。


【あなたにおすすめの記事】
■5分でできる!美容皮膚科医がすすめる炭酸美容の効果とは?
■美的 3月号付録 開封レビュー クレンジングミルクetc.
■VoCE 3月号付録 開封レビュー ポーラ最新美白美容液
■豆乳は女性のミカタ!うれしい3つの効果
■乾燥肌・敏感肌の人にオススメ!ティモティア保水バリアクリーム


執筆者:森田玲子



88

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録