アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

コスメマニアが惚れる神コスメ♡WHOMEEアイブロウパウダーで垢ぬけ眉毛をつくる!

美容部員の経験や日本化粧品検定1級の知識を活かして美容情報発信中の美容ライター、みーしゃです。眉毛を作り上げることはメイクの中でもかなり重要。今回は眉毛メイクの手助けをしてくれるアイブロウアイテムのご紹介!眉毛を書くには「コスメ」から♡眉毛の書き方もレクチャーするので、ぜひ実践してみてくださいね。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

「WHOMEE」アイブロウパウダー

今回紹介するのはプチプラブランド「WHOMEE」から9月に発売されたアイブロウパウダーです。

今トレンドの「赤み」を取り入れたパウダーと、眉毛の立体感を作り上げる「ピンク」のパウダーがセットになった3色パレット♡

左の2色は混ぜて使ったり単体で縁取りすることが出来ます。

粉質が柔らかく、しっかりと眉毛にフィットするので、メイク初心者さんにも取り入れやすいアイテム!

眉毛の書き方完全レクチャー

今回は眉毛の書き方も教えちゃいます♡

裏箱にはイガリさん直伝の使い方も載っていますが、今回はもっと深掘りしていきます。

まずはパウダーを取るところから。ブラシを寝かせて撫でるように取るのではなく、ブラシを立てて垂直にトントンと取ります。

これで余計な部分に粉がつく心配なし。いちど他のところでトントンと量を調整するとべったりつくことがないので、このひと手間も忘れずに!

粉を含ませたら「ジグザグ書き」をしていきます。Zを書くように力を抜きながら粉を付けていきます。
特に眉頭の毛の少ない部分にはこの付け方が簡単♡

粉が上手く付かなかった部分にはポンポンと上から置くようにつけてあげるだけで綺麗に仕上がりますよ!

眉毛の中でも「眉頭」は特に重要で、眉頭があるのと無いのでは印象が全く変わります。

ブラシで書いてあげるだけでメイク感が出て綺麗に♪

眉尻の本当に毛がない部分はパウダーで書くのが難しいので、「ペンシル」を併用して書いてあげると綺麗な仕上がりになりますよ。

パウダーは主に「眉頭」と真ん中部分の毛がスカスカしている場所に使うのがピッタリ。

最後に「眉マスカラ」で全体の色を統一すると、綺麗に仕上がります。

赤みのあるマスカラを使うとパウダーを活かすことが出来ますよ!

一緒に使いたい優秀すぎるブラシ

このパウダーと一緒に使いたいアイテム「アイブロウブラシ」も発売されました。このブラシはイガリさんがプロデュースしたもので、付属のブラシよりもはるかに書きやすいです。

コシと柔らかさの絶妙なバランスが使いやすさと粉含みの良さを実現しています♪

「眉毛」は顔の印象を決めてしまう大切なパーツです。いつも簡単にパパっと終わらせている人は、眉毛に時間を割くだけでも顔の印象は大きく変わるはず!

「もっとコスメに頼ってほしい」というコンセプトで作られたWHOMEEのアイテムはその使い心地や仕上がりに感動します。ぜひ一度手に取ってみてくださいね♡

「#アイブロウ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■キレイな眉には共通点があった!CA流♪好印象まゆ毛の作り方
■美容マニアが選ぶ!プチプラ&デパコス最強落ちないアイブロウ
■まゆ毛のせいで実力値以下に!?ブス見えしちゃうNG眉毛4選
■なりたい美人顔に近づく!使わなきゃ損なマイベスト眉アイテム


執筆者:みーしゃ

更新日:2018年12月3日


39

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録