アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

不器用さんでもできる!垢抜け美人まゆ毛の描き方4つの法則

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの元美容部員、藤田あみです。メイクのお悩みで最も多いのが“正しい眉の書き方”について。正解が分からず、予想以上に時間を費やした経験はありませんか?顔には美人の法則があるように、実は眉にも美人眉の法則があるんです!覚えておくと今後とっても便利ですよ♡

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

眉の黄金バランスを知る

眉には黄金バランスがあります。

・眉頭…目頭の延長線上またはやや内側
・眉山…黒目の外側から目尻の延長線上までの間、また全体を三等分した際に眉尻から1/3の位置にあること
・眉尻…小鼻から目尻の延長線上、眉頭と水平またはやや上であること

このバランスを守るだけで圧倒的に美しい眉になります。

この黄金バランスから外れると、怒り眉、垂れ眉など、少し顔に違和感が出て目立つ眉になってしまいます。

眉の書き順は眉尻からが正解◎ 

ここ、重要なポイントです!
眉を書くときに一番最初に書き始めるべきは眉頭ではなく『眉尻』なんです!

眉の書き順を聞いたところ、実は眉頭から書くという方って意外と多いんです。
眉頭は眉毛が生えているため書きやすく、つい眉頭からスタートさせてしまいがちなのですが、正しい書き順は『眉尻』からです。

眉尻を最初に理想の位置に書いておき、正しい位置にある眉尻に合わせて眉を足していく。そうすることで、悩むことなく理想の眉を作り上げることが出来るのです。

眉尻の位置を決めたら、眉の下側のラインを作り上げていきます。

眉の濃淡と色選びにも注意!

眉の濃淡も印象が変わるポイントの1つ。
眉尻を濃く、眉頭を薄く、が基本です。この基本のルールを守れば『いかにも書きました眉』から卒業でき、自然な眉になります。

また色選びについて。
少し前までは、髪色よりやや“明るい色”を選ぶのが流行でした。
しかし今は違います!髪色よりもやや明るい色を選ぶと、派手な印象または少し古い印象にも見えてしまいがちです。

今のトレンドとしては髪色と同じもしくは、やや“暗い色”を選ぶのが正解です!
眉も作り込みすぎずナチュラルに存在感を持たせてあげる、これが今のメイクトレンドです。

眉の太さは目の縦幅に合わせる

眉の太さも美眉をつくる大切なポイントの1つ。
眉の太さは『目の幅と眉の太さが1:1または3:2』
これが理想の眉の太さです。

このバランスから外れると、眉が細すぎたり太すぎたり悪目立ちしてしまいます。
眉のバランスはとても大切なんですね。

また、眉の太さでトレンドや時代背景がわかります。

1980年代 バブル期には太眉が流行。
1990年代 バブルが弾け不景気に。細眉が流行。
2000年代 眉頭は太め、全体的には細眉の流行が継続。
2010年代 太眉ブーム再来。平行眉も流行。
2018年  現在のトレンドは太眉からナチュラル眉へ。

眉の形も平行眉からややアーチのある眉へ、本来の美眉の形に沿った眉がトレンドです。

美眉をつくるポイントは4つ

『黄金バランス』『眉の書き順』『眉の濃淡と色選び』『眉の太さ』この4つを頭に入れて眉を書けば、どんな方でも美眉になります♪

4つのポイントを意識して、印象アップの美人眉をつくってみてくださいね!

「#アイブロウ」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■キレイな眉には共通点があった!CA流♪好印象まゆ毛の作り方
■まゆ毛のせいで実力値以下に!?ブス見えしちゃうNG眉毛4選
■美人になりたいならここをチェンジ!垢抜け美人まゆげの作り方
■なりたい美人顔に近づく!使わなきゃ損なマイベスト眉アイテム


執筆者:藤田あみ



127

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録