アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【春を感じるレシピ】新じゃがいもと豚ひき肉のシャキシャキグラタン

/

こんにちは。フードコーディネーターのSatomiです。外に出ると春の匂いがする日も増えてきましたね。スーパーにも春野菜が並ぶようになりました。そんな今日は、新じゃがいもが主役のメニューをお届けしたいと思います♪新じゃがいもならではの食べ方と、体が喜ぶ新じゃがいもの魅力もあわせてご紹介していきますね。

他のおすすめ記事を読む
【夏バテ対策に!】さっぱりなのにスタミナ満点!「豚肉とたまねぎのマリネサラダ」レシピ

目次

春を感じる♡新じゃがいもと豚ひき肉のシャキシャキグラタンのレシピ

ゆで卵をミモザの花に見立ててて散らした春らしいグラタンです。

スライサーで薄くスライスした新じゃがいもを使うので、シャキシャキ食感が楽しめますよ♪ホワイトソースは片栗粉を使うので、失敗なしの手間いらずです。

材料(4人分)

【具材】
豚ひき肉  400g
新玉ねぎ  1個
にんにく 1片
塩胡椒 少々

【ホワイトソース】
新じゃがいも 2個
牛乳  300cc
片栗粉  大さじ1.5
コンソメ 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
胡椒 少々

【トッピング】
とろけるチーズ 40g
ゆで卵 1個
塩胡椒 少々
マヨネーズ 小さじ1/2
パセリ 適宜

作り方

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ にんにく、たまねぎ、じゃがいもを切る

① にんにくと新玉ねぎはみじん切りにし、新じゃがいもはスライサーで薄くスライスして水にさらします。

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ ゆで卵をみじん切りにして味をつける

② ゆで卵はみじん切りにして、塩胡椒、マヨネーズで下味をつけます。トッピングに使うまで置いておきます。

③ フライパンに油をひいて熱し、にんにく、新玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透きとおってきたら、豚ひき肉を加えて塩胡椒で下味をつけます。

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ 牛乳に片栗粉を入れてじゃがいもを煮る

④ 鍋に牛乳と片栗粉を入れてよく混ぜ、新じゃがいもを加えます。中火でかき混ぜながらとろみがつくまで煮て、塩、胡椒、コンソメで味つけします。

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ 耐熱皿に重ねて入れる

⑤ 耐熱皿に③の具材の半量をしいて、④の半量をのせます。残りの具材を同様に重ね、チーズを散らします。

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ トースターで焼いてゆで卵とパセリを散らす

⑥ トースターで焼き色が付くまで焼いて、ゆで卵とパセリを散らします。

新じゃがいもと豚ひき肉のグラタン レシピ 完成

シャキシャキ食感の新じゃがいも

旬の食材は特に栄養価が高く甘みが増して美味しく食べることができるので、ぜひ食卓に取り入れて味わってみてください。普段はホクホク食感のじゃがいもも、この季節はシャキシャキ食感を楽しむことができますし、みずみずしく皮が柔らかいので、栄養豊富な皮ごと食べることもできます。皮をむくひと手間が省けるのも嬉しいですよね。

新じゃがいものビタミンCで体も喜ぶ♪

じゃがいもにはビタミンCが豊富ですが、新じゃがいもはその2~4倍のビタミンCが含まれているといわれます。果物でいうとレモン約1個分!しかも、果物のビタミンCは熱に弱いのですが、じゃがいものビタミンCはでんぷんに守られていて加熱しても崩れにくいので、効率よく体に取り入れることができます。ビタミンCは抗酸化作用が強く抵抗力を高めてくれるので、環境が変わるなどストレスを受けやすいこの時期に積極的に取り入れたい栄養素ですね。

合わせ技でパワーUP♪

今回は豚ひき肉のたんぱく質と新じゃがいものビタミンCを合わせましたが、ビタミンCはたんぱく質と一緒にとるとコラーゲンの生成が促されるので、肌トラブルの改善や骨や腱などの強化回復にも役立ちます。新じゃがいもは美容と健康の心強い味方です!ビタミンCは体内で作ることはできない栄養素なので、旬の新じゃがいも食べて元気に春を過ごしましょう♪

「#じゃがいもレシピ」の記事をもっと見る



この記事に関連するキーワード

この記事のライター

トップへ戻る

レシピの人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録