アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

2019年の流行の形はどれ!?リップの塗り方だけでこんなに違う!唇メイクの作り方講座

顔の中で目もともよく見られるポイントではありますが、それと同じくらい見られるのが口元。リップの塗り方によって、メイクの印象もぐっと変わります。ただ塗るだけではなく、トレンドやなりたい顔の印象を考えつつリップメイクをしていくことが大切です◎今回は2019年の唇メイク8パターンと今年の流行を紹介します♪

目次

塗り方で印象が変わる♡唇の塗り方8パターン

①定番ベタ塗り

こちらは超定番の塗り方♪縦塗りでシワを隠しつつ、血色の良い唇を作るのが今年のトレンドです。

今年のリップメイクは“シーズンレス”がトレンド!単色でベタ塗りするのはちょっと派手かな?と思う人も多いと思いますが、マットなリップやしっかりとした発色のコスメも人気です。

秋に流行するボルドーやブラウンなどの濃いめカラーもシーズン問わずおすすめなので、唇をしっかりと強調して女性らしさを演出しましょう♡

②立体感&グロス重ね

少し前まではグロスをベタベタと塗ったツヤ感のあるリップメイクがトレンドでしたが、グロスベタベタのリップはちょっと古い傾向に。

ラメ入りが今年の流行なのでベタベタと塗りたくるのではなく、ラメで輝きをプラスしつつ、自然な印象で仕上げましょう◎

③ペンシルで輪郭を縁取り


ペンシルで唇の輪郭を縁取り、唇をくっきりとハンサムなイメージにするリップメイクのやり方もちょっぴり古めの印象に…。

ですが、ビジネスシーンなどではきっちり縁取りを行い、パキッとしたメイクをするのもおすすめなので、オフィスメイクとしては◎TPOにあわせてリップの塗り方も変えられるのがおしゃれのポイントです♡

④存在感ありオーバー塗り


唇の輪郭をこえたオーバー塗りは存在感あり!唇が強調されるので、全体的なメイクのバランスを考えて行わないとやややり過ぎ感がですぎてしまうことも…。

メイクには引き算も大切◎唇に印象を持っていきたいときには、オーバー塗りのリップメイクに挑戦してみましょう♪

⑤鼻の下を短く見せる上はみ出し

唇の上までリップがくるようにオーバー目に塗るやり方は、鼻の下と唇の距離を縮めることができるので、鼻の下が長いのがコンプレックスという人におすすめ♡

トレンドも大切ですが、コンプレックスを解消し自分のなりたい顔を実現できるのもメイクをするメリットでもあります♪

⑥男受けグラデーション

グラデーションリップは、単色で仕上げるよりもナチュラルで、女性らしく柔らかな印象を与えることができ男性ウケも抜群♡自然な立体感のあるモテリップです♪

グラデーションリップはもはや定番の塗り方。デートの時などの勝負メイクとしておすすめですよ◎

⑦あえてアバウト!指でランダム

今年はミニマルメイクが流行する兆し♡がっつりメイクするのではなく、アイシャドウやファンデーションなどを“引き算”し、少ないアイテムでナチュラルでバランスのとれたメイクがトレンドとなるんだとか!

リップもきっちり塗るのでなく、発色強めのリップカラーを指でポンポンと乗せ、あえてアバウトに塗ることで自然な仕上がりになります。

⑧おちょぼに見える小さめ塗り


オーバー塗りや上はみ出しなどの塗り方と逆の小さめ塗りは、大きめの唇におすすめの塗り方です。コンシーラーを併用して、唇の輪郭を消しつつ、リップの範囲を小さく見せることで、小さめの可愛い唇を実現できます♡

自分の唇のコンプレックスなどを踏まえて、塗る範囲を工夫するようにしましょう♪

今年の流行はずばりコレ!2019年トレンドのリップメイク

8パターン紹介してきましたが、今年のトレンドは①定番ベタ塗りと⑦あえてアバウト!指でランダムの2パターン♡上手くメイクを引き算しながらナチュラルに仕上げるのがポイントです♡

他の塗り方もTPOやコンプレックスにあわせて使い分けることで、メイクの幅が広がること間違いなし♪ぜひ今回の記事を参考に、色々なリップメイクを楽しんでみて下さいね。

「#リップメイク」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

michill ビューティー

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録