読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

作らないサンドイッチを持って出かけよう!

過ごしやすい秋。行楽地だけでなく近くの公園でも家族で出かけて外で食べるお弁当はおいしい!でも日々疲れているのに朝からお弁当を用意するとなると、それだけで出かけるのが億劫になることも。そんな時に、頑張らなくていいセルフサンドイッチを提案します。好きなパンと具を用意して、休日を楽しみましょう。

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

サンドイッチの具材はなんでもOK

前夜に用意しておけるのがセルフサンドイッチの良さ。詰め合わせて冷蔵庫で保存し、朝は持っていくだけです。
持って行く具材はシンプルにハムとチーズだけというのもいいですし、家にあるものや昨晩のおかずの残りなどもサンドイッチにできます。鶏のから揚げ、ハンバーグ、照り焼きチキン、豚肉の生姜焼きなど定番のメイン料理やポテトサラダやコールスローなど作り置きサラダもおすすめです。

意外とおいしいのが、れんこんやごぼうのきんぴらなどの和風のおかず。
挟む野菜は、レタス、きゅうりの薄切り、スライス玉ねぎなど。水にさらしてからザルにあげて水気を切り、容器に詰めます。冷蔵庫で一晩保存しておくことでパリッとさせることができます。
時間があるなら定番の卵サラダやツナのマヨネーズ和えを夜に仕込んでおいても。

サンドイッチに変化をつけるなら、ピクルスやハラペーニョなどを入れると味が引き締まります。
家で作るサンドイッチは時間が経っても水分が染み込まないようにバターやマヨネーズなどをパンに塗ってから具材を挟みますが、セルフサンドイッチなら具材を挟んだりのせたりしてすぐに食べるのでバターやマヨネーズなども不要です。具材によってはマヨネーズが入るとしっとりとするので、お好みで小さな容器に詰めて持って行くのもいいと思います。

パンは現地調達するのも楽しい

パンはお好みのものを用意。食パン、バゲッド、ベーグル、クロワッサン…パンの種類で食感が変わりますし、具材との組み合わせによってアレンジも無限です。
小さなお子さんには食べやすいバターロールやミニクロワッサンがおすすめ。

パンは具材を挟むように切り込みを入れておいたりカットして持っていくといいのですが、お出かけ先の近くで美味しいと評判のパンを買って行くというのもいいですね。バゲッドなどはパン屋さんでは、混雑していなければ、頼めばカットもしてくれます。

秋のお出かけには温かい飲み物を用意

秋のお出かけは冷えることもあるので、温かい飲み物があるといいですね。家で淹れたコーヒーやミルクたっぷりなカフェオレやロイヤルミルクティー、ホットココアなど、家族の好きな温かい飲み物をポットに入れてご一緒に。サンドイッチに手間がかからない分、飲み物を充実させる時間が作れます。
自然の中で飲む温かい飲み物は、カフェで飲むのとはまた違って満足度の高いホッとする時間になると思います。

サンドイッチに決まりはありません。これがなくちゃダメとか、こうあるべきと思わず気楽に具材を用意してみてください。
家族がチョイスした組み合わせで意外なおいしさを発見することもあるかもしれません。自然の中で食べるサンドイッチと休日を楽しんでくださいね。


執筆者:鎌倉裕子

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年10月8日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録