ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

材料5つで極上スイーツができる♡ビスキュイカスタードサンドケーキ

お菓子作りの基本となる材料は、卵・砂糖・小麦粉・牛乳・バターの5つ。この5つから引いたり足したりして色々なお菓子が作れます。今回はバターの代わりに生クリームを足して、簡単美味しいカスタードサンドケーキのレシピをご紹介していきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約60分

ビスキュイカスタードサンドケーキのレシピ

材料(約12カット分)

〇ビスキュイ生地
・全卵 2個
・グラニュー糖 70g
・薄力粉 70g
・粉糖 適量

〇カスタードクリーム
・牛乳 200g
・グラニュー糖 50g
・薄力粉 20g
・卵黄 2個
・生クリーム 80g

※材料5つじゃなくなりますがお好みでバニラを加えても◎今回は少しだけ加えています。

下準備

・ビスキュイ生地の全卵は卵黄と卵白に分ける。
・薄力粉はふるっておく。

作り方

【ビスキュイ生地を作る】

① ボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を少しづつ加えて高速で泡立てピンと角の立つメレンゲを作る。

② 卵黄を入れてゴムベラでザっと混ぜる。

③ ふるった薄力粉を数回に分けて加え、練らないようにゴムベラで下から切るようにして混ぜる。丸口金をつけた絞り袋に入れる。

④ オーブン天板に絞っていく。(丸型の天板の場合は円を描くように絞ってもOKです。)全て絞り終えたら粉糖を茶漉しで2回かける。180℃に予熱したオーブンで約13分焼成。焼成後は網の上で冷ます。

【カスタードクリームを作る】

① 鍋に牛乳を入れて温める。ボウルに卵黄・グラニュー糖・薄力粉を入れ、ホイッパーで混ぜる。卵黄のボウルに少しづつ牛乳を入れていきホイッパーで混ぜる。

② 茶漉しで漉しながら牛乳を温めた鍋に戻す。中火にかけて絶えずかき混ぜながら炊いていく。

③ 固まってきてからも混ぜ続け、固かったクリームがトロっと緩んだ所で火を止める。

④ 清潔なバットに流し入れ、ピタッとラップをする。氷水の入ったポリ袋を上に乗せて急冷し、ある程度冷えたら冷蔵庫に移してよく冷やす。

カスタードが冷えたら一度裏漉してボウルに入れてほぐす。別のボウルで生クリームを固く泡立て、カスタードのボウルに入れて混ぜ合わせる。

※カスタードの裏漉しは面倒であれば省いても良いですが、裏漉すと格段になめらかで美味しいクリームになりますので、ぜひ手間をかけて頂けると仕上がりがレベルアップします!

【仕上げる】

① ビスキュイ生地を2等分にカットする。(四角でも三角でも2枚が同じ形ならどんな形にカットしても良いです。)

② 一枚をひっくり返してクリームを絞っていく。

③ カスタードクリームを絞り袋に入れて全て絞る。絞り袋がなければそのままゴムベラで全て乗せて平らに塗り広げても◎

④ もう一枚の生地を被せてサンド。なじませるために少し冷蔵庫で冷やす。

お好みの大きさにカットして出来上がり。今回は12等分にカットしました!

2枚の生地でクリームを挟むだけなので、形はお好みでアレンジ出来ます。絞って焼く時に丸く絞ってブッセ風にしてもいいし、カットする時にスティック状にしたり三角にしたり。

シンプルなお菓子ですが、サクッと軽い生地に濃厚なカスタードがとっても合って美味しいですよ♪

普段のおやつにも、おもてなしのおやつにも、色々なシーンで使えると思います!ぜひ作ってみて下さいね。

「#ケーキ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

nyonta

手作りお菓子ブロガー/製菓材料・道具店のレシピスタッフ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録