アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ポイントは「明日着たい服」!着ていない服の整理方法

多くの人が悩んでいる、クローゼット中の着ていない服。思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。今回は、着ていない服の上手な見直し方法をご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

みなさんが悩む着ていない服の存在

こんにちは。整理収納アドバイザーのmaikoです。
職業柄、ちょっとした雑談の中で整理や片付けについて尋ねられることが多々あるのですが、その際に聞かれることNo.1なのはクローゼットの整理のことです。
みなさん気づかないうちに服が増えてしまって、どうしていいか分からないと悩んでいるようです。確かに服の整理は難しいですよね。増えてしまった服も全て活躍している1軍の服であればいいのですが、やはり着ていない服がたまっているという場合が多いようです。
着ていない服であってもいざ見直しをすると、まだ着られる、もったいない、高かったなどの理由で、手放すことをためらってなかなか整理が進まないのは、クローゼット断捨離あるあるかもしれません。
その原因は、見直しをする際の明確な基準がないからではないでしょうか。クローゼットをパンクさせないためには、定期的に見直しをすることが必要です。

「着られる」と「着たい」は違う

着ていなかった服を整理する際に、「まだ着られるから」という理由で手放すことをためらうことがありますが、「着られる」と「着たい」は違います。
確かに、傷んでいればもう着られないと判断しますが、傷んでいなければ手放すのはもったいないですよね。ですが、少々厳しい言い方かもしれませんが、傷んでいなくてもすでに着ていなかった服です。とっておいても着る日はこないでしょう。
大切なのは、自分が「着たい」かどうかです。「着るかも?」ではダメです。基準を服ではなく自分に置いて判断するのがポイントです。

いつまでたっても着ることのない服を置いておいても仕方ありません。クローゼットの管理がしづらく、整理できていないという心のモヤモヤも晴れず、いいことはありません。まだ着られる状態の服は捨てるのではなく、ブランド買取やフリマサイト、リサイクルショップなどを利用して、上手に手放すこともいいでしょう。

「明日着たい」と思う服

見直しの際に私の推奨する基準は、「明日着たいと思わない服はもう着ない」です。
やっぱり素敵だから「着るかも」と思っても「いつ」着ますか?「明日着たい」と思わなければ今までと同じく「いつか着るかも」と思うだけで着ることはないでしょう。
逆に「明日着たい」と思った服はぜひ救出して、これから活躍させてあげてください。着ていなかった理由も「着たいと思わない」以外にも、収納の状態が悪く目に付きづらくなっていたなどの場合もありますので、そう言った意味でも1点づつ見直しをすることが必要です。
念のため補足しておきますが、分かりやすく「明日」と言っているだけで、必ずしも「明日」着なくても大丈夫です。季節が違えば明日着ることが不可能な服もありますしね(笑) 。
肝心なのは、「いつか」ではなく思い浮かべられる「いつ」であることです。明日や次の週末、次のお友達との約束の日、季節が変わったらすぐになど、具体的に着る日が浮かべば、その服はまた活躍させることができるはずです。

「明日着たい服」だけになったクローゼットは、管理もしやすく、毎朝の服選びも楽しくなるかもしれません。
整ったクローゼットは思っている以上に気持の良いものです。また、気分の問題だけではなく、ラク家事にも大きな影響を与えます。
ぜひ、「明日着たいと思う服」を基準にクローゼットの整理をすすめてみてください。


【あなたにおすすめの記事】
■服の収納、間違ってない?「立てる収納」で服選びもスムーズに!
■コレさえ変えれば一気にキレイ!クローゼットのお片づけポイント
■朝着る服に迷わない!すっきりクローゼット収納の工夫♪
■見せ方も綺麗に!女子度が上がるクローゼット収納の方法
■お出かけ前・帰宅時の動線をスムーズに!身支度コーナーのススメ


執筆者:maiko



54

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録