ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
ハーバリウムボールペン

簡単にできるのに超高見え♡ハーバリウムボールペンの作り方

女性に人気の「ハーバリウム」。もともとは植物の研究のための標本の意味ですが、今ではインテリアなどで楽しむ人が増えています。今回はそんなハーバリウムを手軽に自分で作れてしかも実用的な「ハーバリウムボールペン」の作り方をご紹介します!

目次

人気のハーバリウムをハンドメイドで!

女性に人気の「ハーバリウム」。もともとは植物の研究のための標本の意味ですが、今ではインテリアなどで楽しむ人が増えています。

今回はそんなハーバリウムを手軽に自分で作れて、しかも実用的に使える「ハーバリウムボールペン」の作り方をご紹介します!

材料さえ揃えればとっても簡単にできるのでぜひチャレンジしてみて!

ハーバリウムボールペンの作り方

用意するもの

・クラフト用ボールペン
・プリザーブドフラワーやドライフラワー(今回はカスミソウを使用しました)、ビーズなど
・シリコンオイルまたはミネラルオイル(両方を混ぜると白濁するため必ずどちらか一方を使用してください)
・クリアファイル
・ピンセット

クラフト用のボールペン、中に入れるドライフラワーやオイルなどはホームセンターやバラエティストア、100円ショップなどで販売されています。

準備

・どんなデザインにするか大まかに決めてお花を並べてみる

・クリアファイルでミニ漏斗を作っておく
・ドライフラワーを適当な大きさにカットしておく

・カスミソウなど花弁が小さく重なっているお花は空気が抜けづらいので、あらかじめオイルに浸して空気を抜いておく(ペットボトルキャップなどに少量のオイルを出して漬けておくと便利!)

作り方

① お花を入れる前に少量のオイルをボールペンに充填します。

ポイント
中身を詰めてからオイルを入れると気泡が入ってしまい、オイルが思うように入っていきません。最初にオイルを少し入れておくのが気泡をつくらないコツです。

② ドライフラワーなどを詰めます。

ポイント
ドライフラワーは乾燥しているためオイルを含むまで時間がかかります。ボトルの中で空気を抜き、花びらを膨らませるのは困難です。準備の段階でオイルに浸して空気をぬいておくのが上手に作るコツです。

③ ファイルを丸めて作ったミニ漏斗でオイルを流し込みます。

④ しばらくおくと空気が上がってきます。空気が抜けたら完成です!

今回はハンドメイドのハーバリウムボールペンをご紹介しました。

自分の好きなお花を閉じ込めたハーバリウムボールペンなら仕事や勉強がはかどること間違いなし!大切な人のイメージに合わせて作ればプレゼントにもぴったりです。

ぜひ作ってみてくださいね!

「#ハンドメイド」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

michill ライフスタイル

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録