ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

酸っぱいいちご救済レシピ!ピンクが可愛い♡簡単!苺ミルクプリン

ピンク色がとってもキュートな苺のプリン。簡単そうに見えるけれど、なめらかな口当たりに仕上げるにはコツが必要。今回はセリアのカップに入れて2層が可愛い苺プリンのレシピをご紹介していきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約20分(冷やす時間は除く)

美味しい苺プリンを作るには「温度調整」と「苺の加熱」がポイント

基本的には材料をどんどん混ぜていくだけで簡単なのですが、ただ苺のピューレに温めた牛乳を加えるだけだと食感がザラザラとした口当たりの残念なプリンに…。

これは苺に含まれる酸が牛乳の成分と反応して凝固してしまい、モロモロした塊が残ったままゼラチンで固めてしまうのでこのような食感になります。

苺を加熱する事と、材料を混ぜる際の温度調整でなめらかな口当たりのプリンに仕上げる事が出来ます。加熱する事で香りも立ち、苺の風味もギュッと強くなるので美味しく仕上げる為の重要なポイントです!

簡単苺ミルクプリンのレシピ

材料(セリアのプリンカップ5個分)

〇ミルクプリン
・牛乳 80g
・コンデンスミルク 20g
・板ゼラチン 2g

〇苺のプリン
・苺 200g
・グラニュー糖 40g
・板ゼラチン 5g
・牛乳 200g
・生クリーム 50g

〇仕上げ
・苺 お好みで

下準備

・板ゼラチンは使用する前に氷水で戻しておく。(粉ゼラチンを使用する場合はゼラチンに対して5倍の水の中に振り入れて戻しておく。)

作り方

【ミルクプリンを作る】

① 鍋に牛乳とコンデンスミルクを入れて火にかける。ゴムベラで混ぜながら温めて、周りがフツフツしてきたら火を止める。戻した板ゼラチンを加えて溶かす。

② 小さめのボウルに移し、底を氷水につけて混ぜながら冷やす。熱が抜けたらプリンカップに等分に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

【苺のプリンを作る】

① 苺は綺麗に洗ってヘタを取る。ミキサーやブレンダーでピューレ状にする。

② ボウルに①の苺ピューレ、グラニュー糖を入れて中火にかける。混ぜながら加熱して、沸騰してきたらそのまま混ぜながら3分程度軽く煮詰める。

③ 火を止めて戻した板ゼラチンを加えて溶かす。ザルで漉しながらボウルに移し、底を氷水に当てて粗熱を取る。

④ ある程度熱が抜けたら氷水から外す。マグカップに牛乳を入れ、人肌程度まで温める。※冷たい牛乳を一度に加えるとゼラチンが固まってダマになる事があるので、軽く温めてから混ぜるようにします。

⑤ 温めた牛乳を2回に分けてボウルに加え、ホイッパーでよく混ぜる。

⑥ 再びボウルの底を氷水につけて軽く冷やす。

⑦ 最後に生クリームを加えて混ぜ、ザルでもう一度漉す。

⑧ ミルクプリンを入れたプリンカップに等分に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

⑨ 固まったら出来上がり!お好みで苺を飾っても◎

食感はなめらかでミルキー、プルンと口当たり良くザラザラ感は全くありません。手順をしっかりと守ればとっても美味しい苺プリンに仕上がりますよ。

今回使ったセリアのカップは底につまみが付いているので、プッチン!とつまみを倒したらカップからプルンと出てきます。

カラメルが入っていない分、市販のプリンみたいに一瞬でツルンと出てこないので、器にひっくり返して乗せたら上下に揺らして取り出すようにして下さい。

甘くない苺や見切り品の苺でもとっても美味しく作れます。ぜひ作ってみて下さいね!

「#スイーツレシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

nyonta

手作りお菓子ブロガー/製菓材料・道具店のレシピスタッフ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録