アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

今日はいつもとイメージチェンジ♪コテを使った外ハネアレンジ♡

新生活に向けてヘアスタイルを思い切って変える方も多いと思います。でも、髪を短く切ってしまうと、アレンジが限定され、いつも同じようなヘアスタイルになりがち。そこで今回は、短い髪でもできる、コテを使った外ハネヘアアレンジをご紹介したいと思います。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

トレンド!短い髪でもできる外ハネヘアアレンジ

新生活に向けてヘアスタイルを思い切って変える方も多いと思います。長さもこの機会に短く切ってイメージチェンジをする方によく聞かれるのが…どうやって髪の毛をスタイリングしたら良いか?です。

基本的にはコテやアイロンを使って形を作っていくのですが、今回はトレンドの外ハネスタイルをコテで作る方法をご紹介したいと思います。

髪の毛を短くするメリット

①家でのケアが簡単になる
当然長い髪の毛よりも短い髪の毛の方が洗うのも乾かすのも簡単になります。髪の毛に時間をかけられないお母様方や仕事の忙しい方は短い髪の毛をおすすめします。

②スタイルが立体的に見せられる
髪の毛が長いとその分根元の立ち上がりがなくなり、ぺたんこシルエットになりスタイル自体に動きが出なくなりやすいですが、短い髪の毛ですと軽さが出て根元にも立ち上がりが出てスタイルをより立体的に見せられます。

③髪の毛が綺麗に見える
髪の毛は長くなればなるほど毛先にダメージが蓄積し見た目が美しくなく見えてしまいます。短い髪の毛はダメージが少なく印象を艶っぽく綺麗に見せることができます。

④カラーやパーマの時間の短縮
美容室でカラーやパーマをする場合短い髪の毛の方が引っ掛かりが少なく簡単に施術を受けることができますので美容室にいる滞在時間も少なくなります。美容室によっては料金も若干ですが、お安く済むケースもあります。

プロセスをご紹介します

①毛先を全て外ハネ(下から上にコテを巻きます)にします。サイドは2段、後ろは3段くらいに分けて細かく巻くとより立体的に仕上がります。コテの温度は髪質によって調整をしますが、180度を超えると髪の毛の内部にある成分のタンパク質を硬くしまい、ダメージの原因になりますのでなるべく180度を超えないように気をつけてください。

②毛先を外に巻いたら中間部分に内巻きを加えます。中間の髪を内巻きにし、毛先を外巻きにするとS字カールを作ることができます。S字カールを作った外ハネの方が単純に毛先を外ハネにするだけよりスタイルを立体的に見せることができます。

③毛先を中心にバーム系の艶の出るワックスを揉み込んで質感と形を整えます。最近はポリッシュオイルという液体状のものもありますので、お好みで使い分けてください。スタイリング剤は髪の毛全体に馴染むようにしっかりと揉み込んでつけてください。つけすぎるとベタッとした重い印象になってしまいますので少量がおすすめです。

トレンドの仕上げ方も一手間加えることによってとてもお洒落に見せることができます。今回は毛先を先に巻く方法をご紹介しましたが、中間を先に内巻きに巻いて、後で毛先を外巻きにしても同じ形になりますので、やりやすい手順でお試しください。

この春髪の毛を短く切られた方や髪の毛をもっとふんわり立体的に見せたい方は、是非こちらの方法で素敵にスタイリングしてみてください。


【あなたにおすすめの記事】
■愛されポイントはおくれ毛♪巻き方が可愛いのポイント!
■動画で解説♪慣れれば簡単!ひとりでできるボブのスタイリング
■ボブでもできる♪バックで作るこなれお団子ハーフアップ
■切りっぱなしボブでもできる!時短ウォーターフォールアレンジ
■ふんわり巻き髪のキモ! 見えないカール『ゴーストカール』


執筆者:野澤琢眞


この記事に関連するキーワード


6

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録