ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

パーソナルカラー別コスメ選び♥Summer&Winter編♥

春の陽射しの心地よい季節になってきましたね。GWのご予定の立ってきましたか?普段あまりカラーメイクをできない職場にお勤めの方も、お休みにぱっと華やぐメイクがしたいですよね♪前回のSpring&Autumn編に続き、今回はSummer&Winterの方にイメージアップできるパーソナルカラー別コスメをご紹介します。

目次

自分のパーソナルカラーを知ってパッと華やぐカラーメイクを

春の陽射しの心地よい季節になってきましたね。そろそろGW☆お休みのご予定の立ってきたころでしょうか。普段あまりカラーメイクをできない職場にお勤めの方も、お休みの日はぱっと華やぐメイクがしたいですよね♪

だけど普段使い慣れていないと、カラーコスメってどれを選んでいいか分からず、ついつい似たようなベーシックカラーを選びがち。化粧品フロアで美容部員さんに“新色”をタッチアップしてもらって買ってみても、似合うのかどうか分からず結局使わないまま化粧箱の隅に放置。。なんてことも多いんじゃないでしょうか。

私も、パーソナルカラーを知るまではそうでした。

今日はそんなお悩みを解決できる、似合うカラーコスメの選び方をご紹介!

前回のSpring&Autumn編に続き、今回はSummer&Winterの方にイメージアップできるカラーコスメをご紹介します。

ご自身のパーソナルカラーを知らない方は、まずはこちらで診断してみてください。

パーソナルカラー:Summer ローズ系・パール系コスメで品よく涼しげに

Summerの方は、肌・髪・目に柔らかく涼しげなブルーを感じる色味を持っているのが特徴。上品で落ち着いた印象の方が多く、コスメも同じような印象を醸すローズやラベンダー系、ベリー系のカラーがお似合いです。

リップも青みのローズピンク、ピンクベージュ系を使うと可憐な印象が引き立ち、上品な口元を演出できます。流行りの赤リップをつけたい時には、ラズベリーを選びましょう。真っ赤な色は、Summerさんには強すぎて、唇だけ強調されたような印象になってしまいます。

チークも元々の血色に合わせてローズ系に。ハイライトには迷わずパールホワイトを。ラメやゴールドのようなギラギラでなく、柔らかく優しい輝きを持つパールホワイトで引き立つ魅力は、Summerさんならではの武器。ぜひ取り入れてみて。

アイシャドウは、パウダーピンクやパウダーブルー等のパウダー系のカラーをベースに。その上にお得意のローズ、ラベンダー、ライラック系の色を乗せるとグラデーション効果で印象的な目元をつくれます。ベーシックカラーでつくりたい時にはローズベージュ系〜ココアブラウン系の色で。知的で落ち着いた印象で、お仕事にも使える万能カラーグラデーションです。

アイブロウは、明るめの髪の方はレッドブラウン、カラーリングしておらず自然な黒髪の方はダークグレイで。

Summerの方はグレイとネイビーの両方お似合いですので、アイラインはダークグレイやネイビーを選ぶとよいです。

目元を強調するメイクの際は、黒いアイラインを取り入れてもok。アイライン≧髪>アイブロウの順で薄くなっていくようにグラデーションをとりましょう。

マスカラは目元を強調するブラックのほか、ここにもパープルやブルーなどSummerさんお得意の色をその日の気分で取り入れると、まわりと違ったお洒落を楽しめますよ♪

Summerの方は、ブラウン系、オレンジ系、コーラル系などの暖かな色は苦手です。お肌が黄ばんで見えてしまいます。また原色等の鮮やかすぎる色も、色が強すぎてお顔立ちの印象と調和しにくいですので、避けましょう。

パーソナルカラー:Winter ブラック・シルバー・レッド系コスメでクール&モードに

Winterの方は艶やかな髪・肌を持ち、黒目の印象が強いのが特徴。洗練されていて都会的、目立つ印象の方が多く、コスメも同じようにクールでモードな印象を魅せるブラック、シルバー、パープル、ワインレッド系の色がお似合いです。

リップは、可愛くみせたいときにはチェリーピンクやフューシャピンク等の青みよりのピンクがおすすめです。お仕事の日はローズベージュ系を選ぶと自然な華やぎをつくれます。強めの印象にみせたい日には紅を。ワインレッドやバーガンディなど、青み黒みを感じる紅がおすすめです。女豹のような真っ赤なリップも試してみて。この色が似合うのは、Winterの方だけです。

チークもローズピンク、レッド系。ハイライトはシルバーラメ系で。Winterの方のクールな華やかさが際立ちます。

アイシャドウはお得意のグレイや鮮やかなブルー、パープル、ピンク。眉の下などにホワイトやパウダー系の色を入れてコントラストをつけると、他の色の印象を一層引き立てて魅力的な目元を演出できます。遊びの日には、目尻に紅を入れると妖艶な印象に。

アイブロウはダークグレイで。Winterの方は生まれながらの艶やかな黒髪が特徴的ですから、あまりカラーリングしない方が美しい方が多いです。髪色に合わせてダークグレイを選びましょう。

マスカラはSummerの方同様、ブラック、パープル、ブルー系を。シルバーのラメが入ったようなものも、Winterの方にさらなる輝きをプラスします。

Summerの方が避けたいブラウン系、オレンジ系、コーラル系などの暖かな色はWinterの方も同様に苦手ですので、避けましょう。

また、Winterの方にとってのパール系やパウダー系の色は、鮮やかな挿し色があってこそ引き立ちます。

ファッションにもメイクにもコントラストをつけることがWinterの方の鉄則ですので、柔らかな色だけでまとめるのでなく、どこかにいつも鮮やかな色、もしくは最も強い黒を入れること。これを意識したメイクをすることがポイントです。

SummerとWinterの方に似合うメイク、いかがでしたでしょうか。

4シーズンでざっくり分類しましたが、実際にはご紹介した色の中でもより似合う色、あまりしっくりこない色、というのが出てきたりすることも。

そんな方には16タイプ・パーソナルカラー診断がおすすめ♪4シーズンをさらに4分割したメソッドで、より詳しく“似合う色”を知ることができます。

これから夏にかけて、ファッションにもコスメにも色が溢れてくるシーズン。似合う色を知って、あなたらしいお洒落を楽しみましょう♪


【あなたにおすすめの記事】
■整形級に小顔に見える♡話題のコントゥアリングメイクって何?
■効果半減!?スキンケアでやりがちなNG習慣8選
■ちょっとした工夫でこんなに変わる♡メイク崩れを防ぐ方法
■可愛い子は持ってる!「飲み会美人ポーチ」って知ってる?
■穴場コスメを使って♪『自然体メイク』の必須アイテム! 


/

この記事の著者

小林由梨奈

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録