アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

離乳食期の赤ちゃんを連れて外食。持っていて便利だったものとは

離乳食が始まってからの時期に、外食などで持ち歩いていたものをご紹介します。月齢や離乳食の進み具合によって異なる部分もあるかとは思いますが、何か参考になれば幸いです。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

市販のベビーフードが便利!

外食時などお出かけのときは、主に市販のベビーフードを持ち歩いていました。常温で保存できるので、おうちにいくつかストックしておいて出かける際に持ち出すだけでとっても便利です。赤ちゃんが手づかみで食べられるものを作って容器に入れて持ち歩くこともありましたが、食べ物が傷みやすい夏場や梅雨の時期は特に注意が必要ですし、時間に余裕が無いとき、市販のものに助けられていました。

ベビーフード売り場には、瓶詰めのもの・パック入りのもの・容器入りのものなどが月齢別(パッケージに目安が記されています)に売られています。いろいろな具材や味があるので、いくつか試してみて、赤ちゃんが好きな味や具材の傾向がつかめるといいですね。

飲み物とおやつ

飲みなれているベビーマグに、薄めの麦茶を入れて持ち歩いていました。ベビーマグは中身がこぼれにくい構造になっていますが、万が一漏れてカバンが水浸しになってしまわないよう、ジップロックなどの袋に入れていました。また、夏場はベビー用のパック飲料も1つ持っておくと、ベビーマグの中身が無くなったときに補充できて安心です。

ベビーおやつは割れやすいので、保護してくれる容器やタッパーに入れていました。子どもが自分で容器を持って、ボーロを少量ずつ取り出して食べれるものもあります。

大人の食事を取り分けて食べれる時期になったら

うどんカッターを持参して、うどん屋さんをよく利用していました。子ども用のお皿にうどんを取り分けて、うどんカッターで食べやすい位の長さにカットします。素早く麺を切ることができて便利です。ベビーフードの持ち込み可能な定食屋さんでは、白ご飯を取り分けて、持参したベビーふりかけをかけたり、市販のベビーフードを添えて食べさせたりしていました。その他、離乳食メニューや邸アレルゲンメニューがあるレストランを調べておくこともおすすめです。

その他の持ち物

お口拭きが兼用できるお手拭き、お食事エプロン、汚れたものやゴミを持ち帰るビニール袋、もしものときのお着替えを一組。使い慣れたスプーンやフォークもあるといいかもしれません。

お食事エプロンに関しては、離乳食を始めたばかりの頃はあちこち汚しやすいので、長袖で食べこぼしをキャッチできるポケットが付いている物が重宝しました。使い捨てできるお食事エプロンもおすすめです。食べこぼしをキャッチできるポケット付きで、防水加工が施されているものが売られているのでぜひ探してみてください。

オムツセット、ミルク準備一色、お着替えについては前回の記事をご覧ください!

離乳食の時期は、子ども用の食事を大人用とは別で作ったり、食べさせるのにも一苦労な時期がみんなあります。がんばりすぎると疲れてしまうので、市販のベビーフードなどをうまく利用して、適度に息抜きしながら赤ちゃんとのお食事を楽しんでくださいね。


【あなたにおすすめの記事】
■離乳食について、本に載っているメニューと現実との差
■外出時に持っていく子どものおやつベスト3
■赤ちゃんを連れて出かける時便利だったもの
■ママのカバンの中身。赤ちゃんが生まれてから何を持ち歩いてる?
■食中毒で市販薬はNG!?家庭でも要注意!食中毒の予防と対処法


執筆者:ヒビユウ

更新日:2018年8月30日


5

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

この記事に関連するキーワード

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録