アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

お片付けビフォーアフター!食品ストックの「見える化」収納

こんにちは!整理収納アドバイザーのyukinoです。レトルトや乾物、缶詰などの食品ストック。忙しい毎日の料理に活用したり、災害時などに備えて多めに用意しているご家庭も多いのではないでしょうか。今回はお片付けサポートをご依頼いただいたモニター様宅の食品ストック収納実例をご紹介します!

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

整理収納作業を始める前に

食品ストックの収納でお悩みのモニター様。
ご自宅では引き出し式のシステムキッチンをお使いになっています。
7つある引き出しには食器や鍋、キッチンツール、掃除用品などのほか、食品ストックも収納しています。

こちらは整理収納作業前に撮影した食品ストック収納の様子です。
引き出しの中をケース類で仕切ったり、食品の内容がわかるようフタにラベリングしたりなどいろいろと工夫はしているものの、モニター様曰く「使い勝手があまり良くない」とのこと。
詳しく状況を伺ってみると3つの問題点が見つかりました。

◆食品の指定席が決まっていない

引き出しの中で食品の位置が固定されていない。
買い出しなどで引き出しの中身が変わるたびに食品の位置を総入れ替えしており、大きなストレスを感じている。

◆さっと取り出せない

フタ付きのケース類を重ねて使っているため、食品を取り出すのに時間がかかっている。
「引き出しを開ける」→「ケースを取り出す」→「フタを開けて中身を取り出す」という具合に動作数が多いことが原因。

◆在庫状況がわかりにくい

不透明なケースの場合はフタを開けてみるまで中の状態がわからない。
実際にフタを開けてみたら何も入っていなかったり、賞味期限もすでに切れているということがある。

これらの問題点を踏まえ、今回は「食品の指定席を決める」、「すぐ取り出せる」、「在庫の状況が一目でわかる」ことを目標に設定し、いざ整理収納作業スタートです!

食品を「すべて出す」

引き出しの中から食品をすべて出し、1点ずつ手に取りながらどのような食品がどれだけあるのかリストを作っていきます。
この時点で在庫を切らしていても、常備している食品が決まっていればリストに加えておきます。
賞味期限もあわせて確認し、期限が過ぎている食品があれば処分しておきます。

食品を「グループに分ける」

モノをグループに分ける方法としては、「同じアイテムごと」、「使用目的ごと」、「使用頻度ごと」など様々あります。
モニター様宅の場合、まずは「お子さん用の食品」、「製菓用の食品」、「その他の食品」の3つでざっくりとグループ分けしてから、「その他の食品」をさらに細かく分ける方法を取っています。

食品の「指定席を作る」

上の画像は食品をグループに分け、引き出しの中でどのように配置しているかを図にしたものです。
この段階で引き出しの内寸(サイズ)と使用する収納用品も決定しています。
収納を考える時は簡単な手描きで良いので図を描いてみるのがおすすめです。
イメージがしやすく、頭の中も整理できます。

こちらの画像が整理収納作業後の食品ストック収納です。
食品ごとに「指定席」を作り、引き出しを開けたら目的の食品をさっと取り出すことができ、かつ在庫の状況もすぐにわかる「見える化」収納に仕上がりました!

今回は「お片付けビフォーアフター」と題して、モニター様宅の食品ストック収納事例をご紹介しました。
100人いれば100通りの暮らしがあるように食品ストックの状況もご家庭によって違いはありますが、整理収納の進め方や考え方の基本は同じです。
皆さんが食品ストック収納を見直しされる際に、この記事がヒントになれば幸いです。

「#キッチン収納」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■賞味期限切れを出さない!冷蔵庫の整理収納
■無印良品は冷蔵庫収納にも使える!調味料収納のおすすめアイテム
■廃棄を減らす!電気代節約!な冷蔵庫収納
■時短につながる!毎日使う調味料の置き場所と見せ方の工夫
■ポイントは原材料のシンプルさ!安全で美味しい調味料の選び方


執筆者:yukino



33

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録