アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

リネンワッフル生地が使える♡かわいいタオルのつくり方

リネン100%のワッフル生地は、洗うたびに味わい深く、吸収力も増していくようです。見た目もテーブルの上に置いているだけで、ナチュラルでおしゃれな雰囲気に。それが、もし手作りならば、もっと毎日の食卓が楽しくなりますよ。今回は、かわいいリネンタオルの作り方を紹介します。

目次

この記事を試すのにかかる時間

  • 1枚 3~4時間(手縫い)

この記事を試すのにかかる金額

  • 1枚 1,200円くらい

かわいいリネンタオルの作り方

材料

・ワッフルリネン(リネン100%)50cm角
・花柄バイアステープ 2m10cm
・針と糸(色:ベージュ)
・まち針
・はさみ

1、準備する

・ワッフルリネン生地は、水通ししておく。
(しばらく水に浸してから干すこと。リネンが縮む時があるので。)

① 50cm角に裁断する。

② 四つ折りにして、角を丸く切る。

2、バイアステープで紐を作る 

① 花柄のバイアステープを10cm分、カットする。

② ①を半分に折り、縫い止める(端はそのままでOK!)

③ ②を半分に折り、輪にして、ワッフルリネンの角に縫い付ける(輪は、リネンの内側に向くように)。

3、バイアステープでワッフルリネンの端を処理する

① 花柄のバイアステープを広げ、端を1.5cmほど折って、ワッフルリネンの辺の部分にまち針で止める。

② バイアステープとワッフルリネンの端を合わせながら、写真のように波縫いで一周縫い付ける。

③ 丁寧に、外側の折り目の上をチクチクと縫い進めます。

④ 最後は、玉止めをします。

⑤ 裏返して、布端を包むように写真のようにまち針で止めます。

⑥ すくうようにして、バイアステープを縫い止めていきます。

⑦ 最後は、玉止めにして、糸の端をバイアステープの中に入れ込みます。

紐は、このようになっています。
フックに掛けられるようにしました。

完成です!

かわいいリネンタオルのいろんな使い方

フワフワした立体感のあるワッフル素材は、ダイニングテーブルの上に置いてあるだけで、ナチュラルな雰囲気になります。
天然工房のパンを直においてお皿代わりにしたり、カトラリー置きにしたり、さらに、飲み物がこぼれた時には、拭き取るタオルとしても使えます。

他には、お弁当を包むこともできる大きさなので、どんな場所でもフル活用です。

かわいいリネンタオルの作り方を覚えて忙しい毎日の合間にも♪

新生活が始まって毎日が忙しい…と、身も心もバタバタな日々を送っている人も多いと思います。私も忙しくて、ずっと何かに追われて焦っている状態が続いていました。そんな時、こちらのワッフルリネンタオルをチクチクと手縫いしていたら、気持ちがスーッと、落ち着いたような気がしました。「無」になっていました。何も考えず、ただ、針を進めることが、こんなに癒しになるのですね。忙しい毎日だからこそ、単調な手縫いをおすすめします。

「#ハンドメイド」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■ハンドメイド初心者でも上手に作れる!ピンクッション♡
■100均コースターにワンポイント刺繍!でオリジナルコースター
■セリアの「手織りツールセット」でオリジナルコースターを作ろう
■超カンタン!イニシャル刺繍でさりげなく女子力アピール♡
■ギフトにも最適!おしゃれで使い勝手のよい優秀ふきん


/

この記事の著者

yasumin

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録