アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

妊活で沈んだ気持ちをリフレッシュ!夫婦で試してみたこと

不妊治療が思うようにいかないと、どうしても気持ちがどんよりしてくるときもありますよね。普段から悩み過ぎないようにしている妊活の先輩ポチ子さんも、時には気持ちが沈んできてしまうことも。そんな時、思い切って大がかりな気分転換をしてみたら…。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

行き詰まった時の気分転換

不妊治療が長くなってから、治療に関しては『できるだけ浮き沈みの少ないように』と心がけているつもりなのですが、あまりにも治療が進まず…。

足踏み状態が続き、気持ちが行き詰まった時どうも自分には“良くないどんよりとした空気”が渦巻いている気がして、身の回りの物を大きく変えて気分転換したくなりました。

お部屋大改造

私達夫婦が住んでいるのは、結婚を機に引っ越して来たマンションです。

家族が増えれば手狭になって新たに引っ越す事もあったのでしょうけれど、今も大人2人…と変わらずなので、住まいを変える事もなく、カーテンやカーペット、家具の配置なども新婚当時のままで暮らしていました。

そのままでも別に問題なく住めるのですが、家具で窓を半分塞いでいる場所もあり、その窮屈感はしょっちゅう感じていました。

その場所の光と風通しの悪さを解消すれば“自分に渦巻いている良くない空気”が払拭されるような気がして、夫に『お部屋の大改造』を提案しました。

家具屋めぐり

夫は特にインテリアなどには興味がなく、部屋の大改造も“お好きにどうぞ”という感じでした。

それから休みの度に、ニトリやIKEA、インテリアショップ、インターネットで家具を探し、時間があれば部屋の掃除をし、不用品を捨てました。

掃除とゴミを捨てる行為だけでもかなりの気分転換になりましたが、不揃いだった家具を収納力のある新しい家具に統一した事で、部屋がものすごくスッキリし、模様替えに興味の無かった夫もさすがに「気持ちいいね!」と言うくらい印象が変わりました。

カーテンやカーペットもピカピカで、まるで引っ越しをしたような気持ちになりました。

モヤモヤが晴れた

気になっていた“半分塞いでいた窓”も、家具の配置を変えたことでフルオープンできるようになり、採光も風通しもぐんと良くなりました。

この気持ちのよさは、お部屋大改造から数ヶ月経った今でも感じています。

気分転換をしたからと言って治療がうまくいく訳ではありませんが、不良続きでモヤモヤしていた気持ちはキレイに晴れました。

部屋がスッキリしたおかげで、日頃の掃除もしやすくなり、散らかっていると目立つようになったので、片付けが嫌いな旦那も少しだけ自主的に片付けるようになりました。

大がかりでしたが、かなり良い気分転換になりました!

「#夫婦」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■妊活中、子どもつくらないの?って聞かれたら…
■ケンカにならない夫婦喧嘩!?山本家の場合
■夫婦円満の秘訣は…ホウレンソウ!?
■妊活中の旅行計画。不妊治療中はどこにも行けなくなっちゃうの?
■妊活女子の気持ち…。大切なのは抑え込むより認めること。


執筆者:ポチ子


この記事に関連するキーワード


326

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録