アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

肌だけケアしてたら大変なことに!夏の紫外線が髪に与える影響とは?

夏本番に入り暑さも本格的になってきました。暑さの他に気をつけなければいけないのが「紫外線」です。紫外線は髪の毛にとってもお肌にとっても良いものではありません。紫外線の影響を受けないためにはそれなりの対策とヘアケアが必要になってきます。今回は紫外線から髪の毛を守る方法をご紹介したいと思います。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

紫外線って何?

紫外線は太陽光に含まれる光線の種類で主に「UV‐A」「UV‐B」「UV‐C」の3種類のことを言います。このうち、地球に届くのが「UV‐A」「UV‐B」の2種類です。この2つの光線は髪の毛やお肌に炎症や日焼けを生じさせます。

紫外線が髪の毛に及ぼす影響

①髪のダメージが進む

紫外線が髪の毛に当たると髪の内部にあるタンパク質が流出しやすくなります。タンパク質が抜けた髪の毛は潤いがなくなり、ゴワついたり、パサついたりします。また、髪の毛の表面にあるキューティクルが剥がれ、触ったときの手触りが悪くなります。

②カラーの退色が進む

髪の内部にあるタンパク質が抜けると、同時にカラーの色味も一緒に抜けてしまいます。特に染めたてのカラーは安定してないので退色しやすいです。カラー直後は紫外線になるべく当たらないように注意して下さい。

③癖毛が強くなる

もともと癖の強い方は要注意です。髪のダメージが進むことによって癖毛が強くなります。

髪の毛の内部に含まれるタンパク質は「ハリ」や「コシ」を与えるコラーゲンなどの成分も含みます。これらがなくなることで、もともと癖毛の方は癖がより強くなります。

紫外線から髪を守る方法

紫外線が髪に悪いことはおわかりいただけたと思います。

全ての紫外線をシャットアウトする事は不可能ですが、少しの注意でも髪の毛を守る事は出来ます。ではどうやって紫外線から髪の毛を守ればいいのでしょうか。

①帽子をかぶる

外に出かける時は帽子で髪の毛を守りましょう。

当然直射日光が当たる方が紫外線を多く吸収してしまいます。曇りの日でも紫外線はありますので、天候に関わらず外に出かける時は必ず帽子をかぶるようにして下さい。

②紫外線防止スプレーをする

何かしらの理由で帽子をかぶる事が出来ない場合は、髪の毛にあらかじめ紫外線を反射させる成分を含むスプレーをかけることによって紫外線を防ぐ事が出来ます。

最近のスプレーには消臭効果と香り付けの効果があります。好きなフレグランスを楽しむのも良いと思います。

③トリートメントを入れる

紫外線を100%除去するのは不可能です。そのため紫外線で奪われるタンパク質を補う必要があります。

トリートメントは洗い流すタイプのものと洗い流さないタイプのものがあります。夏にオススメのトリートメントは、一番粒子の細かいミストタイプの洗い流さないトリートメントです。

夏は来るたびにワクワクしますね!楽しむのと同時に大切な髪の毛を守る為にヘアケアもしっかりとして、迎える秋冬をいい状態で過ごして下さい。

「#ヘアケア」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■ヘアケアの効果が何倍も上がる!美容師が教えるシャンプー&トリートメント
■頭皮ケアは夏がおすすめ!美容師が教える簡単セルフヘッドスパ
■デートの必需品♡夏のバッグにINしておくべき優秀アイテム3選
■オトナ女子が怖い日焼けは顔だけじゃない!○○に気をつけて!
■夏に絶対買うべし!美容マニアお気に入り紫外線対策アイテム3選


執筆者:野澤琢眞


この記事に関連するキーワード


1

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録