アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

いつものお鍋が異国情緒あふれる味に!?クセになる!海老と鶏団子のエスニック鍋

/

あったか~いお鍋が美味しい季節、真っ只中!定番の鍋もいいけど、たまには気分を変えたい。そんなアナタにおすすめしたいのが、この鍋。海老と鶏団子の旨味たっぷり、ベトナム気分なエスニック鍋を紹介します!ベトナム風とはいえ、材料はスーパーで揃うものばかり。この冬の新しい鍋レパートリーに、ぜひ!

目次

海老と鶏団子のエスニック鍋

いつもの鶏団子鍋に飽きたら、おすすめしたいのが、この鍋。鶏団子に海老、白菜、きのこ、どれも鍋では使い慣れた材料なのに、味わいはまるで違って…。魚介の旨味たっぷりのナンプラーと、最後に加えるレモン汁、そして、たっぷりのパクチーのお陰で、それは、まさにベトナム!目を閉じると、ベトナムの景色が浮かぶよう(←大袈裟 笑)。いや、でも、びっくりするくらいベトナム!っぽいお味になってくれるのです。

最後に搾る柑橘は、レモンでも構いませんが、あればライムで!より、あちらの国っぽい味が再現できますよ。

材料(2人分)

・海老…8尾
鶏団子

・鶏ミンチ…150g
・しょうが(おろしたもの)…大さじ1
・卵…1/2個分
・塩…小さじ1/4

スープ
・水…600ml
・鶏ガラスープの素…大さじ1
・ナンプラー…大さじ1と1/2
・塩…少々
・しょうが(おろしたもの)…大さじ2
・にんにく…1かけ
・赤唐辛子…1本
・レモン汁…大さじ1
・白菜…2枚(130g)
・しめじ…1/4パック
・パクチー…4株
・ライム(なければレモンでもOK)…1/2個

作り方

① 白菜は葉と茎に分け、葉はざく切り、茎は繊維にそって1cm幅に切り3cm長さに切り揃えます。しめじは小房に分けます。パクチーは根を切り、ざく切りにします。根はスープに入れるので捨てずにとっておきましょう。ニンニクは皮をむいて薄切り、しょうがはおろしておきます。ライムは4つにくし切りにします。

② 海老は一節を残して殻をむきます。背に包丁で切れ目を入れ、背わたを取り除きます。塩水できれいに洗い、水気をペーパーでふきとっておきます。

③ 鍋にレモン汁以外のスープの材料、①でとっておいたパクチーの根を入れて沸かします。

④ 鶏団子を作ります。ボウルに鶏ミンチ、しょうが大さじ1、溶き卵、塩を入れ、よく混ぜます。粘りがでてくればOK。スプーン2本で丸く形作りながら、鍋に入れます。

⑤ 白菜としめじを入れ、野菜に火が通ったら海老を入れます。

⑥ レモン汁を加え、パクチーを入れればできあがり。ライムをキュッと搾って、好みでパクチーをかけて召し上がれ。

〆は、春雨でキマリ!

海老と鶏団子、野菜の旨味いっぱいのスープ。〆は、うどん?フォー?ビーフン?迷うところですが、私的には、春雨が推し。旨味が幾重にも重なったこのスープとからまる麺の美味しさ…春雨、最高!思わずおかわりしたくなる美味しさです。

冬になると、我が家も鍋が多くなり、毎回、味を変え、具材を変え、様々なタイプの鍋を楽しんでいます。このエスニック鍋のベースは、私の十八番、学生時代から作り続けている鶏団子鍋。主にはポン酢で食べますが、他に何かいいアレンジがないかなーと考えて生まれたレシピなのです。

そして、この鍋、密かに味の決め手を担ってくれているのが、生姜。大さじ3なので、おおよそ3かけ分。生姜をた~っぷり使っているので、食べ終わる頃には、体も芯からぽっかぽか!温まりますよ。

「#アレンジ鍋」の記事をもっと見る



この記事の著者

田中雪絵

広島の器と道具の店「LOUTO」店主/フリーランスエディター

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録