アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

朝ごはんにもぴったり♡コロコロかわいい簡単丸ぱんレシピ♪

以前にご紹介した田舎ぱんの生地を小さく分割して焼いた丸ぱん。生地は同じなのに違う味わいのパンになります。シンプルなパンは食事パンに大活躍です。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

パン作りは奥が深いです

うちで焼くパンはとにかくシンプルなパン。食事にも合うし、ジャムやクリームをトッピングすれば甘いおやつにもなります。

これまでにパンのレシピは田舎ぱんベーグルちぎりパンかぼちゃパンピタパンなどをご紹介してきましたが、今回のこの丸ぱんは田舎ぱんの生地の配合と全く同じなのです。

田舎ぱんは大きくまーるく焼いたもので、丸ぱんは小さく分割して丸めて焼いたもの。カットして丸めるという作業を手早くしないといけないですが、これがまた田舎ぱんとは風味が異なり甲乙つけがたい美味しさなんです。

大きさが違うとなんとも不思議に食べた食感や風味も違って…パン作りって奥が深いな~って思うのです。

おうちぱんなので分割するときはあえて計量せずに目分量で。そうするとあともう少しちっちゃめなら食べられるなっていうときに便利だし、息子はあえて大きいのばかり選んで食べたりと。何より気負わずに楽しんで作れます♪

丸ぱんの作り方

材料(10個分)

・強力粉…250g
・ぬるま湯…168g
・きび糖…10g
・天然塩…4g
・イースト…2g
・上新粉(なければ強力粉でOK)…適量

作り方

① 強力粉にきび糖、塩、ドライイースト、ぬるま湯(30度ぐらい)を入れてよく捏ねます。

② 捏ね上がったら丸めてボウルに入れて30度ぐらいのところで2倍になるまで2次発酵します。

③ 軽く丸め直して10個に分割します。その時、まず半分にカットしてカードで1個を5等分の目安をつけるとカットしやすいです(下の写真参照)。きれいな表面になるように切り口は中に丸めこむようにして、乾燥しないように濡れ布巾をかけて10分ベンチタイムをとります。

④ ベンチタイムが終了したら表面を張らすようにきつめに丸め直して、オーブンシートを敷いて上に間隔をあけて並べていきます。

並べ終わったら茶漉しで上新粉を振って濡れ布巾をかけ、35度のところ(オーブンの発酵機能を使っています)で30分2次発酵します。

⑤ 霧吹きをかけて210度に熱したオーブンで12~13分焼成します。大・小ありますから焼けたものから順に取り出してください。

朝ごはんのお供に

手作りパンがあればあとは目玉焼きにヨーグルト、あったかチャイで朝ごはん。焼きたてよりも少し冷ましたほうがおいしい!温かいうちがもちろん一番美味しいですが、トースターでリベイクすれば香ばしく美味しくなります。

焦げないように霧吹きをしてアルミ箔でくるんでください。2、3分温めたらそのまま庫内の予熱でさらに2分ほど置いておくと、中までふんわり温まります。

何もつけずにそのまま食事パンとして本当に万能な丸ぱん。焼き上がりのあちらこちらから自然に割れれば美味しくできた証拠です(自分比)。クラストは限りなく薄くパリッとしていて。

ぜひ、パン作りのレパートリーに加えていただけたらと思います♪

「#パン作り」の記事をもっと見る


執筆者:masayo


この記事に関連するキーワード


85

michillライターさんの励みになります

トップへ戻る

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録