読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

餃子の隠し味を伝授★餃子のプロが教えます

餃子のプロが教えるシリーズ第3弾は秘伝「餃子に入れると美味しくなる3つの隠し味」。お家にある、あの調味料や食材を足すだけで旨味が増し、プロに引けを取らない味が作れる!?今夜のおかず作りにゼヒお試しください♪

このコラムにありがとう

目次

この方法を試すのにかかるお金

  • 味噌 約10円(20g程度)
  • 蜂蜜 約30円(20g程度)
  • 玉ねぎ 約100円(小玉2個300g程度)
  • 合計 140円

※価格は参考価格です。

とっておきの調味料と野菜の存在

デパートの催事や楽天市場などでご存知の方もいらっしゃると思いますが、餃子をメインに提供している飲食店「餃子の餃天」店長の外川です。最近では、サントリー社とコラボレーションさせていただき、「金麦にぴったりの大人のヤミツキ紅白餃子」を開発させていただきました。よろしければ、是非、検索してみてください(笑)。

今回は引き続き、家庭で美味しい餃子を作るコツをお伝えします。前回は「とにかくよくひき肉を混ぜて下さい!」とお伝えしました。これで美味しさが大きく上がりますが、「さらにランクアップしたい!」という方に、とっておきの調味料と野菜の工夫を少しだけお教えします。

これを知っているだけで、味がぐんと良くなりますので女子会やホームパーティーで、一目置かれる存在になるのは間違いありません(笑)。画期的なレシピですし、しかも美味しくなるわけですから、女性なら女子力も高まるというものです。いや、たとえ一人暮らしの餃子づくりにだって生かせます。

隠し味その1!味噌を入れる

本来ならば餃子にあまり使わない調味料ですが、実は美味しくなる調味料が何点かあるんです。ひとつは、味噌。白味噌でも合わせ味噌でも、独特すぎない味噌なら何でも良いです。分量は、ひき肉500グラムに対し20グラムくらい(お好みで増やしても可)です。いつもより、ずっとコクが出ます!

隠し味その2!蜂蜜を入れる

ふたつめは、蜂蜜です。これも、味噌と同じくらいの分量を混ぜます。味噌と一緒で、全体的に美味しさに深みが出ます。ポイントとしては、どちらもひき肉にしっかりと混ぜることです。ひき肉と野菜を混ぜる前の段階、つまりひき肉だけをこねている途中で入れて下さい。ひき肉にしっかり混ざるように、力強く揉み込んで下さい。

隠し味その3!玉ねぎを大量に入れる

次にひき肉と混ぜる野菜ですが、基本的にはキャベツや白菜、ネギ、ニラ、玉ねぎなどです。この玉ねぎが、実はポイントです。玉ねぎの下ごしらえは多少手間がかかりますが、いつもの餃子から劇的に変化するコツがあります。

みじん切りにした玉ねぎをフライパンで炒めて、冷ましてから混ぜてみて下さい。ややあめ色になるまで炒めるのが理想ですが、火がしっかり通ればそこまで加熱しなくても大丈夫です。

当店は、ひき肉に大量の玉ねぎを入れています。たとえばひき肉500グラムだとすると、玉ねぎは300グラムくらい入れています。炒めた玉ねぎを半分、生のものを半分入れることにより歯ごたえも残ります(けっこう重要なポイントです!)。

餃子を美味しく作るポイントまとめ

1. ひき肉に味噌を入れる (ひき肉500グラムなら約20グラム程度)
2. ひき肉に蜂蜜を入れる (ひき肉500グラムなら約20グラム程度)
3. 炒めた玉ねぎを冷やしてひき肉と混ぜる (ひき肉500グラムなら約300グラム程度)
4. 玉ねぎの半分は生のままひき肉と混ぜる (炒め玉ねぎ150グラムなら約150グラム程度)

編集部スタッフが調理した玉ねぎの写真がありますが、少し焦げていますけれども、この程度なら、家庭の場合に限りギリギリ許容範囲でしょう(笑)。これ以上焦がさないように、皆さんが作るときの目安にしてください。

味噌と蜂蜜を隠し味に加え、よくひき肉と混ぜ合わせ、玉ねぎは炒めたものを混ぜる。これで、格段と美味しい餃子に生まれ変わります。是非、一度試してみて下さいね!

※調理写真は編集部撮影


執筆者:外川天平

更新日:2017年2月8日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録