アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

パン作り初心者さんでも作れる!牛乳仕込みでふんわり柔らか♪パンオレのレシピ

フランス発祥のふんわり甘い「パンオレ」。フランス語で牛乳は「レ」と言い、仕込み水に全て牛乳を使った優しい風味のパンです。表面の模様はハサミでチョキチョキするだけでとっても簡単!今回は初心者さんでも作りやすく、誰にでも愛されるシンプルなパンオレのレシピをご紹介していきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 2~3時間

パンオレのレシピ

材料(6個分)

〇パン生地
・強力粉 180g
・薄力粉 20g
・砂糖 40g
・塩 3g
・ドライイースト 3g
・牛乳 120g
・全卵 30g
・バター 20g

〇仕上げ
・塗り卵 適量

パン生地を作る

ボウルに強力粉・薄力粉・砂糖・塩・ドライイーストを入れる。牛乳をマグカップに入れレンジで30秒程軽く温め、全卵も入れて合わせておく。バターは常温に戻して柔らかくしておく(無塩バターを使用)。

① ボウルの粉類をザっと混ぜて、真ん中に窪みを作る。その窪みに牛乳&全卵を加える。

② カードを使って全体に水分を行き渡らせるようにして混ぜる。

③ ある程度まとまったら台に移す。

④ 両手を使って捏ねる(最初は手にくっついて捏ねづらいですが、段々グルテンが出てきて台からペロンと剥がれてきます)。

⑤ 表面がなめらかになってくるまで数分間捏ね、常温に戻しておいたバターを加える。カードで生地を切るようにして合わせ、さらに捏ねる。

⑥ 一まとまりになって表面がツルツルになってきたら、今度は生地を持ち上げて台に打ちつけるようにして叩き捏ね。叩きつけては捏ね、叩きつけては捏ね…を繰り返し、30回ほど叩き捏ねをして形を丸く整える。これにて捏ねは終了です。

⑦ ボウルに移し、ラップをかけて一次発酵。オーブンの発酵機能があればそこで40℃に設定して発酵させて下さい。

⑧ 2倍ほどの大きさになったら発酵終了です。

生地を台に取り出し、軽く生地を押して空気を抜く。カードを使って6分割し丸める。ラップか濡れ布巾をかけて15分程ベンチタイム。

成形→焼成する

麺棒を使って生地をやや楕円になるように伸ばす。上から1/3の所で折って手の腹の下部分でたたいてくっつける。さらに1/3折って同じようにくっつける。最後に合わせた部分を中に入れ込むようにして、細長い楕円状になるよう形を整えて閉じる。

少し転がして綺麗に形を整えて下さい。

① 全て成形したら、オーブンシートを敷いた天板に間隔を空けて並べる。30~40℃の場所で2次発酵する。

② 1.5倍程度まで大きくなれば発酵終了。

③ 全体に卵を塗る。上の部分だけでなく、底以外は全て塗るようにすると綺麗に焼き色がつきます。ハサミを横から入れ、チョキチョキと5~6か所に切れ目を入れる。

④ 200℃に予熱したオーブンで約12分焼成する。(※途中10分位で様子を見て焼き時間など調節して下さい。)

美味しそうな焼き色がついたら出来上がり。

牛乳や卵の入った優しい甘味のパンに仕上がってます。薄力粉を入れると歯切れの良い軽い食感に!

そのままでもとっても美味しいですが、コッペパンみたいに真ん中に切り込みを入れてジャムやあんこなど挟んでも美味しいですよ♪サラダやパリッと焼いたウインナーを挟んでもみても良いですね!

シンプルでちょっとリッチで美味しいパンオレ。ぜひ作ってみて下さいね!

「#パン作り」の記事をもっと見る


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

nyonta

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録