ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お家でバル気分♡簡単に作れるバルサミコドレッシング&2種のアレンジ低糖質レシピ

管理栄養士の熊橋麻実です。ドレッシングは、普段購入しますか?実は、混ぜるだけで簡単に作れるドレッシングがあります。今回は、お家でバル気分を味わえるバルサミコ酢を使ったドレッシングをご紹介します。バルサミコ酢を買っても使いきれないと思われる方も多いかもしれませんが、いろんな食材に合うドレッシングなので、大活躍間違いなしですよ!

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 炙りホタテのカルパッチョ 10分
  • 生ハムサラダ 10分

バルサミコ酢ドレッシングの作り方

材料

バルサミコ酢 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1/2
はちみつ 大さじ1/2

作り方

① はちみつとオリーブオイルを混ぜる。

② ①にバルサミコ酢としょうゆを加えてよく混ぜる。

このように全体をよく混ぜてくださいね。

ドレッシングを混ぜるときは、小さいボウルと泡立て器があると便利です!

バルサミコ酢ドレッシングは、やわらかい酸味と甘味、和風の味わいで様々な料理に合いますよ。

ドレッシングで叶える低糖質メニュー

バルサミコ酢ドレッシングは、サラダやカルパッチョによく合います!サラダやカルパッチョは野菜や魚を食べられる低糖質でヘルシーなメニューですよね。

栄養価の高いパプリカやベビーリーフ、新玉ねぎなどを合わせると栄養バランスがとりやすいです。

混ぜるだけドレッシングで美味しいバルメニュー①【炙りホタテのカルパッチョ】

材料

ホタテ貝柱 10個(大きさに合わせて適量)
オリーブオイル 小さじ1/2
トマト 1/2個
きゅうり 1/4本
パプリカ(黄)  1/8個分
バルサミコ酢ドレッシング 大さじ1
黒こしょう 適量

作り方

① ホタテ貝柱は横半分に切れ目を入れて開く。トマトはいちょう切りにする。きゅうりとパプリカは角切りにする。

② フライパンにオリーブオイルをしき、中火にかける。一旦火を止めてホタテ貝柱を並べて再び中火にかける。さっと焼いたら取り出す。

③ ココット皿にきゅうりとパプリカを入れて黒こしょうをかけ、皿の中央に置く。その周りにホタテとトマトを交互に丸く並べ、バルサミコ酢ドレッシングをかけて完成。

ホタテは少し加熱することで甘みが増します。きゅうりとパプリカを乗せて食感をプラスして食べてみてくださいね。

混ぜるだけドレッシングで美味しいバルメニュー②【生ハムサラダ】

材料

生ハム 6枚(お好みで)
ベビーリーフ 1/2パック
新玉ねぎ 1/8玉
塩 ふたつまみ
砂糖 小さじ1/4
バルサミコ酢ドレッシング 大さじ1
粉チーズ 小さじ1

作り方

① 新玉ねぎは繊維と垂直に薄切りにし、水に5分ほどさらす。水気を切って、塩・砂糖をもみこむ。

② 皿にベビーリーフと生ハム、新玉ねぎを盛り、バルサミコ酢ドレッシングをかけ、仕上げに粉チーズをかける。

この時期美味しい新玉ねぎは、水にさらして下味をつけることで食べやすくなります。この他にも、にんじんの細切りやえびなどを加えても美味しいですよ。

おうち時間の続く中。バルっぽい副菜で食卓に変化をつけてみてはいかがでしょうか?

「#低糖質レシピ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

熊橋麻実

管理栄養士

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録