アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
眉 ライン ブラシ

あなたの眉は大丈夫?「残念眉」と「垢抜け眉」を分けるターニングポイント3つはココ!

/

頑張っているつもりがどこか残念な仕上がりになってしまったり、眉メイクは難しくてコツがつかみにくいですよね。今回はついやってしまいがちな残念眉と今っぽい垢抜け眉メイクのちがいを3つご紹介します。垢抜け眉メイクができるプチプラアイテムと使い方のコツをまとめました。

目次

やりがちな残念眉メイクとは?

毎日していてもなんだかイマイチ上手にならない眉メイクに、お悩みの方も多いのではないでしょうか?

垢抜け眉を習得するため、残念眉メイクの特徴を知っておきましょう。

残念眉の特徴は…

・髪色に比べて明るすぎる

・黄みor赤みが強すぎて顔になじんでいない

・眉下ラインがガタついている

これらの残念眉メイクの特徴をふまえて、垢抜け眉と比べてみましょう!

垢抜け眉の特徴は…

・髪色と同じ暗さorワントーン明るい

・アクセントカラーを上手に使って洒落色でなじむ眉

・眉下がなめらかで端正な印象

それでは垢抜け眉の描き方をレクチャーします!

垢抜け眉に必要な3つのアイテム

今回使用するのは以下の3点です。

画像左:ロージーローザ ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ
画像中央:フーミー アイブロウパウダー α ダークブラウン
画像右:キャンメイク ミックスアイブロウ 07ミスティモーヴブラウン

実は簡単!垢抜け眉の描き方

プチプラのアイテムだけで垢抜け眉は描けるんです♡

1つずつ使い方のコツを押さえましょう!

1.アクセントカラーを眉の中央に置く

アイメイクやパーソナルカラーに合ったアクセントカラーを選んでください。

それを大きめのブラシにとって、眉の中央に押し当てるようにして色を移していきます。

ごしごしすると発色しすぎるので、ポンポン塗りを厳守してくださいね。

2.大きめブラシで眉下ラインを一筆書き

大事なのは大きめでぶれないブラシを使うこと!

自分の髪色にあった暗さのパウダーをブラシに含ませます。

この時パウダーがブラシ全体にいきわたるようにするのがポイント。ティッシュオフして量を調整したら、眉頭をあけて一筆で眉尻向かってブラシを滑らせます

POINT
薄く書きたいからといってブラシの先にだけ、パウダーをつけるのはNG。ムラになる原因です。ブラシ全体に十分な量を取って、ティッシュオフの時に余分なパウダーを落とすのを徹底しましょう!

3.眉下のラインを基準に形を整える

眉下をガイドラインに大きめブラシで上半分、眉尻を仕上げます。

小さめブラシは最後の微調整の時だけ使用します。

POINT
小さいブラシでちょこちょこ描くのが失敗の原因です。ムラになったり、がたついたりと扱いが難しいので、ぜひ大きめブラシの使い方をマスターしてくださいね!

アクセントカラーの気配があっておしゃれな色味♡それなのに顔から浮かない垢抜け眉になっていますよね。

また、眉下が整っていると目元全体が端正に見えます。

アイブロウマスカラはプロでも使うのが難しいといわれているので、アイブロウパウダーで理想の色味を作ることをおすすめします。

アイブロウマスカラを使う際には、パウダーで作った垢抜け眉を生かすように塗りすぎにはご注意ください。

やりがちな残念眉が、パッと目を惹く垢抜け眉にかわるはず。ぜひ試してみて下さい。

【あなたにおすすめの記事】
■そのアイシャドウの塗り方NGかも!知ってる人は絶対やらない「3つの残念アイメイク」
■垢抜けない原因は眉にアリ!眉のスペシャリストが教える「残念眉を垢抜け眉にするコツ」
■今っぽ感NO.1は抜け感のある大きな目♡こなれ顔になれるデカ目の作り方



この記事に関連するキーワード

この記事の著者

tomoko

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録