アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

絶対焼けたくないならチェックして!プロに聞く日焼け止めQ&A

晴れている日の日差しがどんどん強くなるこの季節から、紫外線対策は重要!きちんとお手入れをしていないと、皮膚や髪の毛が影響を受けてしまいます。紫外線対策として日焼け止めを塗るという方も多いと思います。そこで今回は、日焼け止めの違いや、塗るときのコツなどについてご紹介します!

目次

初夏こそ紫外線対策が重要!

だんだん晴れている日の日差しが強くなってきましたね。
実は5月が1番紫外線が多いというのはご存知でしたか?

昼間の時間が長く、気温もそこまで暑くない。
晴れの日も多いので、とっても納得ですよね。
初夏こそ「紫外線要注意」なのです!!

紫外線といえば、皮膚への刺激、髪の毛への刺激が大きいことで有名。
夏のお手入れの最大の敵ですね!

では「日焼け止め」を使いましょう!

ということなのですが、いったい何が自分に合っているのか?
どんなものが肌を守ってくれているのか?
しっかり理解してた上で選びたいですよね。

質問も多く寄せられるので、回答していきます!

Q:顔用と体用の違いは?

A:顔用のほうが、もちろん低刺激。体用を顔に塗るのは避けましょう!逆は大丈夫です。

Q:肌になじまない気がするけど何が入ってるの?

A:白く肌から浮きやすいものの方が、実は低刺激。
紫外線を反射したり散乱させたりする「紫外線反射剤」が含まれているものが、肌から浮きやすく肌になじまない質感になりやすいのです。だけど、肌に優しい、ということでもあります。

化粧水を念入りにつけ保湿を重視しして使いましょう。また、肌が乾燥している状態は避けましょう。

乳液など、液状のものと混ぜて使いやすくしてもいいかと思います!

Q:日焼け止めを塗り直すタイミングとは?

A:海やキャンプなどアウトドアなイベントでは、外にいる時間も長くなってしまいがち。特に長持ちするのはウォータープルーフですが、それでも80分もすれば取れてしまうので、塗りなおしましょう。

また、肌への負担が強いので、ウォータープルーフの普段使いはお勧めしません。

Q:どのくらいが適量なの?

A:これが肝心。最低でも500円玉サイズ(0.6~0.8グラム程度)と言われています。どんなにSPF値が高くてもPA+++表記でも、少量では意味がありません。

Q:SPFって?PAって??

A:この質問、1番多いです。

SPFとは、紫外線防御指数。日焼け、肌への炎症を引き起こす紫外線UV‐Bから守ってくれるものです。

SPF1イコール20分間、守ってくれるということ。つまり、SPF25=20分×25=500分!お外に出ない方は数値が低くても良いです。

PAは老化の原因、紫外線UV‐Aを防ぎます。UV‐Aは肌の奥まで届くシミの原因。天気などに左右されないため、屋内にいる方も要注意。「+」の多さが指標です。日常ですと、PA+〜++くらいがオススメです。

守ってくれる能力が高いほどお肌を乾燥させるので、大切なのは、強さ・使用量

あとは忘れちゃいけない洗顔ですね!しっかり肌を守ってくれるものほど、よく、洗い落とすように気をつけましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

「#日焼け止め」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■春の紫外線対策は内側からのケアが大切!おススメ食材5選
■紫外線は年間の中で5月がもっとも危険!?その理由と対策法
■紫外線に打ち勝つ!美容マニア推薦のお悩み別優秀アイテム
■アノ食材が紫外線の吸収を高めていた!本気の紫外線対策
■行きつく先は美肌or汚肌?運命の別れ道は春のスキンケアにアリ


/

この記事に関連するキーワード

この記事の著者

珠実

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録