アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

ダサく見えるのはメイクのせい!今すぐやめて!やりがちNGメイク6選

毎日しているメイクの問題点を自分で気が付くのは難しいもの。かといって周囲の人に指摘される機会もなかなかないからNGメイクが習慣になりがち。だからこそ日頃から意識して自分のメイクを客観的に見つめる機会を持つことが大切です。今回は、そのきっかけとなるよう、ダサく見えるチグハグNGメイクをご紹介します。

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

引き算ができない

これは特に目鼻立ちがはっきりとした美人に多い失敗。
自分自身が魅力的に思っているパーツを強調するあまり多くのパーツを強調して引き算ができなくなってしまうというもの。

メイクは、バランスが大切。そのため強調するパーツはできればひとつにし、他のパーツは引き算をしながら全体のバランスがよくなるよう心がけましょう。

色の組み合わせが悪い

メイク上級者ともなれば、一見チグハグに思える色の組み合わせも上手に楽しむことができるかもしれません。
しかし、このテクニックは誰にでもできることではありません。そのため色の組み合わせには注意する必要があります。

例えば、赤いアイシャドウとオレンジのリップを組み合わせるとチグハグに見えてしまいます。
オレンジのリップなら、ベージュからブラウンまでのグラデーションにしたアイメイクを合わせたらどうでしょうか?
メイクに一体感が生まれますよね。

色の組み合わせに迷ったら、同系色の組み合わせや寒色系同士、暖色系同士というように関係性の近い色を組み合わせてみましょう。

また、メイクする前に、一旦使用するアイテムを真っ白の用紙や布の上に置いてみるのがオススメです。そうすることで、客観的にその組み合わせの良し悪しを判断することができます。

自分に似合っていない色を広範囲で使う

誰にでも似合う色とそうでない色とがあります。

肌から浮くような似合わない色をチークやリップ、アイシャドウのメインカラーなどで使用すると、肌になじまず、チグハグに見えてしまいます。
そのため似合わない色は避けるか、ポイント使いするかのいずれかにしましょう。

ぼかしていない

アイシャドウやチーク、アイブロウは境目をしっかりとぼかさないとのっぺりとした印象に見えたり、不自然な仕上がりになってしまい、チグハグに見えてしまうことに…。

そのため境目は必ず指かスポンジ、スクリューブラシなどでぼかして自然な仕上がりを心がけましょう。
また、顔の曲線を意識してメイクすることも大切です。

チークやアイブロウが左右対称ではない

小さな鏡の前でメイクしたり、暗い室内でメイクすると、チークやアイブロウが左右対称ではない仕上がりになってしまうことがあります。

そのためメイクは、自然光がよく入る明るい室内の大きな鏡の前で行うことをオススメします。

左右対称にするには鏡をよく見て、少しずつ色を重ねることが大切です。
左右の仕上がりを見ながら最終的にぼかしたりして調整しましょう。

ファッションとメイクが合っていない

ファッションとメイクに一体感がないとチグハグに見えてしまいます。

カジュアルなファッションには抜け感があって親しみやすいメイクを合わせたり、トップスやボトムの色をメイクに取り入れたりしてファッションとメイクに一体感を出すことを心がけましょう。

今回は、ダサく見えるチグハグNGメイクをご紹介しました。あてはまるNGメイクはありましたか?あてはまるものがあれば今すぐに見直しましょう。

「#NGメイク」の記事をもっと見る

【あなたにおすすめの記事】
■michill(ミチル)の「アプリ」が遂に登場!便利な機能をご紹介♡
■これだけはNG!実はものすごく男ウケが悪い残念メイク5選
■そのメイク、時代遅れかも!?メイク下手さんがやりがちNGメイク4選
■モテたいならそのメイクNG!男ウケ最悪!非モテメイクワースト5
■そのやり方絶対損してる!今すぐ止めるべきおブスメイク6選


執筆者:遠藤幸子


この記事に関連するキーワード


133

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録