読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

意外と知らないパフの洗い方!メイク道具のお手入れ法

毎日のお化粧で使うパフ。みなさんは、パフの正しい洗い方を知っていますか?メイク道具のお手入れは、メイクの仕上がりにも関わってきます。ベースメイクに欠かせないアイテム、パフの洗い方をマスターして、気持ちよくお化粧できるようにしましょう!

このコラムにありがとう

目次

メイク用パフ、ちゃんと洗ってますか?

メイク道具の中でも使用頻度がダントツに高いパフ。朝のメイク時だけでなく、ランチタイムや仕事の後のお化粧直しなど、1日に何度も使っている人も多いのではないでしょうか。そんなパフは、実は雑菌が繁殖しやすい場所。 皮脂を吸い込んだパフは、雑菌やダニにとってとても繁殖しやすい場所なんです!湿度が高い季節は特に注意が必要です。

パフを清潔に保つには、やはりこまめに洗うのがいちばん!最低でも週に1回は洗うようにしてください。コスメショップなどでは専用のクリーナーが売っていて、簡単にお手入れができます。でも、パフを洗うためだけに専用のものを買うのはちょっと…という人もいるでしょう。

パフの汚れはメイク用品に含まれる油や鉱物がメイン。つまり、油を落とすことができるものであれば、代用可能なんです。家の中にあるもので、パフの洗浄に使えるものをご紹介します。

パフの洗い方/食器用洗剤を使って綺麗に!

パフを洗う時、便利なもののひとつが食器用洗剤。カレーやスパゲッティなどの油っこい汚れを落とせる洗剤なら、メイク用品や皮脂の汚れもスッキリ落とすことができます。念のため、手肌に優しいタイプのものを選ぶと安心です。

パフの洗い方/クレンジング剤で汚れを落とす!

メイクを落とす時に使うクレンジング剤。オイルタイプのものやリキッドタイプのものなど、いろいろありますよね。これらはみんな、化粧を落とすために作られたもの。そのため、化粧品に含まれる成分を効率よく洗い流すことができます。普段自分の肌に使っているものですし、安心して使えるのもポイントです。

パフの洗い方/石鹸は洗いやすく汚れ落ちもバッチリ!

洗いやすさの点では固形石鹸もおすすめです。パフを石鹸に擦りつけるだけで、ぐんぐんと汚れが落ちていきます。また、洗い流す際にぬるぬると残った感じがしないのも石鹸の特徴。洗い上がりがさっぱりしているので、余計なものを肌に付着させる心配が少ないのもメリットのひとつです。

パフの洗い方のポイント

パフを洗う洗剤には、いろいろなものが使えます。どれを使っても汚れは落ちますが、ただやみくもに洗ってはパフの寿命を縮めたり、肌に悪影響が出たりしてしまうかも。洗い方のポイントを押さえて、清潔でふわふわなパフの状態をキープしましょう。

食器用洗剤・クレンジング剤を使って洗う時

食器用洗剤またはクレンジング剤をパフに染み込ませ、ぬるま湯を含ませながら揉みこみます。汚れが浮いてきたら、流水でしっかりすすぎます。色が抜けてこなくなるまですすいだら、水気を切って乾かします。

石鹸を使って洗う時

パフを少し濡らしたら、石鹸にこすり付けてもみ洗いをします。汚れが泡になじんだら、流水でしっかりすすぎ、水気を切って乾かします。

すすぎ・脱水・乾燥時のポイント

洗いよりすすぎに時間をかけて、しっかり洗剤を流してください。特に、食器用洗剤などの顔に使うことを想定されていないものは、肌に影響が出る可能性もあります。また、洗剤についている香りが気になる人は、特にしっかりすすぎをすることをおすすめします。脱水時は、手で無理やり絞るのではなく、タオルなどで挟んでやさしく水を切るようにしてください。

パフを傷める原因になるので、握ったり絞ったりしすぎないように気をつけましょう。そして、乾かす時には陰干しをしましょう。湿気が残っているうちに使うと、かえって雑菌が繁殖してしまうことも。完全に乾燥させてから使うようにしてくださいね。

綺麗なパフで気持ち良くメイクを

パフはベースメイクの仕上がりを左右するだけでなく、肌のコンディションにも大きく関わります。原因が思いつかないのに肌荒れやニキビが気になるときは、自分が使っているパフをチェックしてみましょう。お手入れを忘れて、コロッケのようになってしまっていませんか?

毎日使うものだからこそ、お肌への影響が大きいパフ。 洗い方をマスターして、清潔に保ちましょう!


執筆者:美容部

更新日:2017年8月21日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録