ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

今テリーヌがアツい!濃厚なのにとろける口溶け♡カスタードテリーヌ

チーズテリーヌやチョコレートテリーヌ、スイーツ業界ではテリーヌが大人気!濃厚な味わいにとろける口溶けがとっても美味しいですよね。今回はチョコもチーズも使わず、シンプルに卵と牛乳の美味しさを味わうカスタードテリーヌのレシピをご紹介していきます。

目次

このレシピを試すのにかかる時間

  • 約40分(冷やす時間は除く)

カスタードテリーヌのレシピ

材料(100均の17cmパウンド型1台分)

〇ビスキュイ生地
・卵 1個
・グラニュー糖 30g
・薄力粉 30g
・粉糖 適量

〇カスタードテリーヌ
・牛乳 300g
・卵黄 4個
・グラニュー糖 80g
・板ゼラチン 8g
・バニラペースト(エッセンスでも可) 小さじ1
・生クリーム 150g

下準備

・ビスキュイ生地の全卵は卵黄と卵白に分ける。
・薄力粉はふるっておく。
・板ゼラチンは使用する前に氷水で戻しておく。

作り方

【ビスキュイ生地を作る】

① ボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を少しづつ加えて高速で泡立てピンと角の立つメレンゲを作る。卵黄を入れてゴムベラでザっと混ぜる。

② ふるった薄力粉を数回に分けて加え、練らないようにゴムベラで下から切るようにして混ぜる。丸口金をつけた絞り袋に入れる。

③ オーブン天板にパウンド型と同じ程度の長さになるように絞っていく。全て絞り終えたら粉糖を茶漉しで2回かける。※2つ分出来ますが使用するのは1つです。

④ 180℃に予熱したオーブンで約13分焼成。焼成後は網の上で冷ます。

【カスタードテリーヌを作る】

① 生クリームを6分立て程度に泡立て冷蔵庫に入れておく。

※なめらかな口当たりのテリーヌに仕上げるには、この生クリームの立て具合がポイント。固く泡立てた生クリームだとフワフワ食感になってしまうので、緩めに立てるようにして下さい。

② ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れホイッパーで混ぜる。小鍋で牛乳を温めて、卵黄のボウルに少しづつ入れて混ぜ合わせる。

③ 牛乳を温めた鍋に戻して弱火にかける。絶えず混ぜながら温め、木べらですくい指で一本ひいて跡が残るくらいのトロミがついたら火を止める。戻した板ゼラチンを加えて余熱で溶かす。

④ ザルで漉しながらボウルに移し、底を氷水に当てて混ぜながら冷やす。バニラペーストも加える。

⑤ 十分に冷えたら泡立てておいた生クリームを入れてしっかり混ぜ合わせる。

⑥ パウンド型に、型の大きさに合わせたクッキングシートを敷いて生地を流し入れる。冷凍庫に20分程入れ、表面を軽く固める。

⑦ その間にビスキュイ生地をパウンド型の大きさに合わせてカットしておく。

⑧ テリーヌの表面が少し固まったら、ビスキュイを焼き面を下にして乗せる。再び冷凍庫(又は冷蔵庫)に入れて一晩冷やし固める。※冷凍して固めた方がカットしやすいです。

しっかりと冷え固まったら型とクッキングシートの隙間にパレットナイフを入れてグルリと1周させ、紙を引っ張って型から外す。凍ってる内にお好みの大きさにカット。

解凍して柔らかくなったら出来上がり。

とってもなめらかな口当たりで優しい味わいのテリーヌに仕上がりました♪

チーズやチョコを使用していないので、あっさりと食べやすく土台のビスキュイとの相性も抜群です!

お好みでフルーツやベリー系のソースを添えたり、生クリームと一緒に頂いても美味しいですよ。ぜひ作ってみて下さいね!

「#テリーヌ」の記事をもっと見る


/

この記事の著者

nyonta

手作りお菓子ブロガー/製菓材料・道具店のレシピスタッフ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る




michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録