ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
クレープ 無花果

旬の果物と一緒に!思い立ったらすぐ焼ける簡単おやつ「秋のクレープ」

クレープは、材料もごくごくシンプルで、焼き時間もほんのちょっと。思い立ったらすぐに作れる簡単おやつの代表です!今回は今が旬の果物、イチジクやグリーンレモンをあわせた簡単レシピを紹介します。

目次

メープル無花果のクレープ

クレープの材料は、粉とお砂糖と卵に牛乳、そしてバターだけ。どれもお家にあるものばかり!手順も簡単だから、子どもの頃から繰り返し作ったおやつのひとつです。

今回は、クレープに今が旬の無花果をあわせてデザートに仕上げました。と言っても作り方はとっても簡単!

ソースは、無花果にメープルシロップをかけて、ほおっておくだけ。しばらく待てば、無花果の香りと甘味が滲み出たメープル無花果ソースができあがります。

大人の方はここにラム酒をほんの少し足すのもおすすめ。香りが華やぎ気持ちも高まります!

材料

【生地】(5~6枚分)
・薄力粉…50g
・グラニュー糖…10g
・卵…1個
・牛乳…125ml
・バター…8g

【メープル無花果のクレープ】(2枚分)
・クレープ…2枚
・いちじく…2個
・メープルシロップ…大さじ2
・ラム酒…適宜

作り方

① バターは湯せんで溶かしておきます。

② 薄力粉とグラニュー糖をあわせ、ボウルに粉ふるいでふるい入れます。

③ 別のボウルに卵を溶き、牛乳を注いで、泡立て器でよく混ぜます。

④ 薄力粉とグラニュー糖の入ったボウルに、卵と牛乳をあわせた液を少しずつ加え、その都度よく混ぜます。

⑤ 最後に①の溶かしたバターを加え、よく混ぜます。

⑥ ラップをして冷蔵庫で30分ほど休ませます。

⑦ 熱したフライパンにバター(分量外)を塗り、⑥の生地をお玉一杯分流し入れ、中火で加熱します。

⑧ 生地のフチが色づいてひらひらと浮き上がって来たら、裏返し、裏面を10秒ほど焼きます。

⑨ クレープの焼き上がり。

⑩ メープル無花果ソースを作ります。いちじくは皮をむいて縦半分に切り、5mm厚さにスライスします。

ボウルに入れ、メープルシロップ、好みでラム酒をほんのちょっと入れ、軽く混ぜます。いちじくから水分が出て、メープルシロップがゆるくなればできあがり。

⑪ クレープを三角に折り、⑩のソースをかけます。できあがり。

グリーンレモンとバターのクレープ

私の一番好きなクレープの食べ方は、コレ!バターを塗ったクレープに粉糖をたっぷり、柑橘をキュッと絞っていただきます。

レモンはもちろん、これからの季節は柚子やカボスなど好きな柑橘でも美味!今回は出始めのグリーンレモンを絞ってみました。

材料(2枚分)

・クレープ…2枚
・グリーンレモン…1/4個
・粉糖…適宜
・バター…適宜

作り方

① クレープの裏面にバターを塗り、四つ折りにして器に盛り付けます。

② 粉糖をたっぷりふりかけ、レモンを絞って召し上がれ。

焼き菓子など粉のお菓子が食べたくなると、秋の深まりを感じます。

あたたかい紅茶をいれて、何かちょっと甘いものが…という時、気負わず作れて、焼き立てが何より格別なのがクレープです。

縁がカリッと香ばしく焼けて、バターが香る、ひらひらのクレープの美味しさと言ったらありません。

クレープは、きっと誰もが作ったことのあるお菓子かと思います。

この秋は、久しぶりにクレープ、焼いてみませんか?

「#クレープ」の記事をもっと見る

/

この記事の著者

田中雪絵

広島の器と道具の店「LOUTO」店主/フリーランスエディター

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

新着

カテゴリ

michill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録